資産形成ラボ3月4日(土)開催報告

講師:鈴木珠代さん
日時:3月4日(土)11時00分~13時00分
場所:ウェンクジョーダンアンドカンパニー株式会社 会議室
参加者:9名
記録:田中尚実

トルコのお菓子やオリーブオイルをいただきながら、トルコ在住の鈴木さんからトルコの現状と今後に関するお話を伺った、
2016年のトルコでは、17件のテロが発生、7月にはトルコ軍の一部反乱勢力によるクーデター未遂事件も発生、非常事態宣言は現在も続いているという。
これらにより、外国人観光客は激減し観光名所はガラガラの状態、また、トルコから撤退する外国企業も多く、各国大使館は規模を縮小しているという。
クーデター未遂以後、トルコ政府は国内メディアの8割以上を事実上支配下に収め、もはや報道の自由はほとんどない状態、個人のSNSも全てチェックされ、難民問題も抱え、失業率も上昇、トルコ国民は国の将来を憂いお金を使わなくなり、経済はかなり悪化しているという。
2017年4月16に大統領に政治的権限を持たせるかどうかの是非を問う憲法改正の国民投票が行われる(トルコでは、本来大統領ポジションは政治に関与できず、それに反してエルドアン大統領が政治に大きく関与したことがクーデター未遂の一因)。
この結果により、トルコがどのような方向になっていくかに注目したい。
鈴木さんは、「政治は不安定だが農産物が豊かなトルコは底力がある」と力説されていた。