2016 年

【検定試験】池田 洋子さん 「株知力検定3級」の検定試験の開催 会員からのお知らせ

お知らせ
一般社団法人金融知識スタディ協会が、株式の知識を深める勉強が段階的にできる検定試験を開発しました。その最初の段階の「株知力検定3級」の検定試験の開催が決まりました!

検定試験:株知力検定3級
日  時:2017年3月18日(土)
13:00~14:30分までの90分(ただし、60分を過ぎたら退出も可)
場  所:常磐大学
http://www.tokiwa.ac.jp/
〒310-8585 水戸市見和1-430-1
対  象:どなたでも受験できます。小学高学年~中・高・大(専門・短大も含む)、一般個人、一般団体
申込・問合せ:一般社団法人金融知識スタディ協会のHPより印刷した申込用紙を、重要(※)を良くお読みいただき、
封書でご郵送ください(お電話でのお申し込みはご遠慮ください)。
※詳細は、下記のホームページをご覧ください。
※会場場所(常磐大学)へのお問い合わせはできませんので、ご注意ください。
問合せ・連絡先:一般社団法人金融知識スタディ協会
https://kabuchiryoku-kentei.org/
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2丁目49-7池袋パークビル1階
インスクエア池袋内
メール:info@kabuchiryoku-kentei.org
ikeda@kabuchiryoku-kentei.org

【セミナー】池田 洋子さん「自分年金はじめませんか?「iDeCo(イデコ)個人型確定拠出年金」」 会員からのお知らせ

テーマ:自分年金はじめませんか?「iDeCo(イデコ)個人型確定拠出年金」
ざっくりまるわかり!【まちの先生講座25講座の中の1講座として開催】
講 師:池田洋子(一般社団法人金融知識スタディ協会 代表理事)
日 時:2017年 2月1日(水)15:30~17:00
2月8日(水)15:30~17:00
2月15日(水)15:30~17:00
場 所:埼玉県入間市市民会館内中央公民館4号室(埼玉県入間市豊岡3-10-10)
募集期間:2016年12月1日(木)~2017年1月6日(金)
下記の主催者宛てに郵送、FAX、メール、でお申込みください。
持ち物:筆記用具、計算機
主催者:入間市生涯学習をすすめる市民の会
358-8511埼玉県入間市豊岡1丁目16番1号
http://irumanabito.net/
F A X:04-2964-4841
Eメール:office@irumanabito.net
※(お電話でのお問い合わせ、お申し込みは受け付けておりません。)
※応募者多数の場合は、恐れ入りますが入間市市民の方優先とさせていただく場合がござます。ご了承ください。

【セミナー】池田 洋子さん「はじめての資産運用講座【基礎編】【実践編】」 会員からのお知らせ

テーマ:はじめての資産運用講座【基礎編】~これでわかる!資産運用はじめの一歩~
:はじめての資産運用講座【実践編】~意外とカンタン!投資のキホン~
講 師:池田洋子(日本証券業協会 金融・証券インストラクター)
日 時:2017年1月29日(日)
10:00~12:10(基礎編)
13:30~15:40(実践編)
場 所:エル・パーク仙台 セミナーホール1・2
仙台市青葉区一番町4丁目11番1号141ビル(仙台三越定禅寺通り館)
http://www.sendai-l.jp/whats/
問合せ先:日本証券業協会 金融・証券教育支援本部 普及推進部
TEL:03-3367-8020
主 催:日本証券業協会
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-5-8 東京証券会館4階
TEL:03-3667-8491
FAX:03-3668-6575
共 催:金融庁、全国銀行協会、日本取引所グループ、投資信託協会、生命保険協会、
日本損害保険協会、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会
後 援:金融広報中央委員会

TOPページにラボページが見当たりませんが、どうやって探せば良いですか?
Q. TOPページにラボページが見当たりませんが、どうやって探せば良いですか?
A. パソコンから:TOPページ左のメニュー「ラボ(自主勉強会)一覧」の上にマウスをかざすとプルダウン式にラボ名が表示されます。
スマートフォンから:TOPページ右上のメニューアイコン「三」をタップすると現れるメニューの「ラボ(自主勉強会)一覧」をタップすると、ラボの説明と共に、現在活動中のラボ一覧が表示されます。
パソコン・スマートフォン共に、一覧の中からご希望のラボ名をクリック(タップ)してください。

詳しくはWAFP関東活用ガイドもご参照ください。
http://wafp-k.net/guide/

決算書の見方読み方ラボ 12月19日(月) ラボ情報

テーマ:
カチッとした決算書からサッと予算感を読み解く独自の簡単メソッドを学び、
貸借対照表と損益計算書について、その見方読み方のキーポイントを掴む!
講 師:深澤大輔 氏
日 時:2016年12月19日(月)14時00分~16時00分
場 所:エアーズシー証券株式会社セミナールーム(http://www.airssea.co.jp/company/)
東京都中央区日本橋一丁目7番9号 ダヴィンチ日本橋179 7階
参加費:2,000円
詳しくはこちら>>

2016年11月21日 カチッとした決算書からサッと予算感を読み解く独自の簡単メソッドを学び、貸借対照表と損益計算書について、その見方読み方のキーポイントを掴む!

2016年11月 第2回 決算書の見方読み方の開催報告

テーマ:カチッとした決算書からサッと予算感を読み解く独自の簡単メソッドを学び、
貸借対照表と損益計算書について、その見方読み方のキーポイントを掴む!
講 師:深澤大輔 氏
日 時:2016年11月21日(月)14時00分~16時00分
場 所:PSコンサルティング事務所(http://www.kigyoukaikusei.com/)
    東京都中央区八重洲2-3-14(ケイアイ興産東京ビル2F)
参加費:3,000円

理事会だより(20161115)

今月1日より、当会のHPがリニューアルされました。スマホ対応をしましたので、スマホではグッと見やすくなっています。サイト自体も色使いを増やしてビジュアル的に見やすくしました。また、これまで分かりづらかった目次の表現も変え、みなさんが知りたい情報をすぐに探せるよう工夫しています。ただ、見やすくなった反面、「会長挨拶」が更新させていないこともバレてしまい、個人的には焦る一幕もありました。近々更新させたいと思います。す、すみません、、、
その他、来年1月開催予定の「会員交流会&会員限定セミナー」を話し合い、まさにWAFP関東ならではの豪華な講師陣にお声がけしていますので、ご期待ください!来年度の総会イベントの講師選定も具体的になってきました。こちらもどうぞ楽しみにしていてくださいね。
*正会員91名、賛助会員12名、法人会員15団体(2016年11月1日現在)(八ツ井慶子)

2016年11月13日 楽しみながら経済チャートを書こう講座(第3回) ラボ情報

日時:11月13日(日)10:00~12:00
場所:人形町区民館
参加者:5名
記録:鈴木暁子

初めに、米大統領選の結果を踏まえ、なぜ一気に円安に振れたかをトランプ氏の発言(方針)から検証した。
「法人減税」「国内還流収益への課税率引下げ」「輸入関税引上げ」「減税」というキーワードから連想し、
円安に振れる理由を導いていった。

次に「円高が進むと株安に進む」という常識が、今年は円高でも株価が強含みであることに触れ、その要因
を予測した。
日銀がETFを買付けが株価を下支えしていることのほか、株価と為替のグラフを書いて常識とは違う動きを
したところで何があったかを確認して予測していった。

最後に日経平均、J-REIT、長期金利のデータを用い、「REITは株とも債券とも連動性が低いので、ポート
フォリオに含めるとよりバランスが良いと言われているがホント?」を検証。
チャートは切り取るところで見え方(印象)が全く違う。そうやってバイアスのかかった判断をしてしまう
ことがあることを実感した。

日頃から角川先生は「生データの関係性を過去の経験則に基づき、仮説を立て検証していくことが経済の勉強の
しかたとして本流」とおっしゃっているが、3回の講義のチャート作成を通じ、改めてデータから真実を導いて
いくことの大切さ、連想していく力を養うことの重要性を学んだ。

2016年11月17日 相談者の目的を達成するための心理学

2016年11月 第27回 心理カウンセリングラボ活動報告

テーマ:相談者の目的を達成するための心理学(マイクロカウンセリング)
講 師:朝妻秀子氏(心理カウンセラー、東京・ビジネス・ラボラトリー代表取締役)
日 時:2016年11月
17日(木)   13時00分~16時00分
場 所:東京ビジネスカウンセラー学院・東京本校

今回の「心理カウンセリングラボ」は、スタート時に参加予定メimg_1955ンバーが半分ぐらいしか集まっていなかったので、全員集合するまでの間、先生への「何でも質問コーナー」から始まりました。
この質問コーナーでは、まずは日ごろ接しているクライアントの困った相談や行動が、どういった心理状態によって起きているのか、その対応策として、例えばアドラー心理学でいう原因論と目的論の利用が考えられるという切り口が与えられました。
質問はどんどん深まり、フロイトの理論にもあるようなトイレトレーニングとお金の使い方に関する関連性や、更には我々FPが個人事業主として成功するためには戦略性が必要となること、この戦略を実際のアクションに落とし込む際に起こりやすい抜け漏れ、更には落とし込まれたアクションを実行する際に陥りやすい心のブロックとその対策について、メンバー全員でディスカッションしました。
気がつくと、ラボ終了の時間となっていて、テーマの進みはありませんでしたが、多くの気付きを今回も得ることができました。
ラボ終了後に、今年最後のラボということで、茶会が企画されました。
ラボの続きのディスカッションを、とてもステキなお店ですることが出来ました。(記 阿部)
img_1964img_1956

2016年9月15日 相談者の目的を達成するための心理学

2016年9月 第26回 心理カウンセリングラボ活動報告

テーマ:相談者の目的を達成するための心理学(マイクロカウンセリング)
講 師:朝妻秀子氏(心理カウンセラー、東京・ビジネス・ラボラトリー代表取締役)
日 時:2016年9月
15日(木)   13時00分~16時00分
場 所:東京ビジネスカウンセラー学院・東京本校

img_1945私はこの「心理カウンセリングラボ」で初めて心理学というものに接しました。それから3年が経過し、今ではラボの時間は私にとっては心の安定剤のようなものになりました。2か月に1回というペースは、ふと自分を振り返るためにちょうどいいサイクルになっています。

その中で感じた事・・・。心理学には大きな二つの方向があるということです。一つは自分を見つけるための学び。それはひたすら自分に向っての問いかけの時間です。クライアントとしての自分ですね。結果、生きる事や毎日の生活が本当に楽になりました。そしてもう一つは、カウンセラーとして相談者の心に寄り添える自分を作っていくための学び。マイクロカウンセリングを学び始めた時に、その視点の違いに大きな驚きを覚えた記憶があります。私の場合は、そこからさらに心理学を学んでいきたいという気持ちになり勉強し、全心連の心理カウンセラーの資格取得につなげることができました。これはFPとしての相談業務にとても役立っている事は間違いありません。

今年のテーマのマイクロカウンセリングとは、傾聴技法を基本としクライアントとの信頼感を深め、主訴を理解し、意図的なカウンセリングを行うことによって、クライアント自身が気づいていく手助けをする・・・ための技法をです。今日の内容は「観察技法」「質問法」「はげまし・いいかえ・要約」「感情の反映」「意味の反映」という内容でした。朝妻先生の分かりやすい例や話し方のアドバイスで、実際にどんなカウンセリングからどんな気づきが生まれるのか、具体的にイメージでき、実際のFP相談業務に役立つ内容でした。

次回は「焦点のあて方技法」から学びます。マイクロカウンセリングの技法ひとつひとつが、実際に相談者の問題解決に役立っていくように思います。心理カウンセリングラボが、多くのFPの方の相談スキルを高める機会となるといいなと思います。自分自身のためにも、またいい相談業務のためにも、ぜひ一緒に学んでいきましょう。(記 大野)