2017年3月30日 相談者の目的を達成するための心理学

2017年3月 第29回 心理カウンセリングラボ活動報告

テーマ:相談者の目的を達成するための心理学(マイクロカウンセリング)
講 師:朝妻秀子氏(心理カウンセラー、東京・ビジネス・ラボラトリー代表取締役)
日 時:2017年3月30
日(木)   14時00分~17時00分
場 所:東京ビジネスカウンセラー学院・東京本校

心理カウンセリングラボでは、引き続きマイクロカウンセリングを学ぶびました。FPとして、問題点をしっかり把握した上で「マイクロカウンセリング技法」を使って意図的にカウンセリングをしていくことで、ご相談者とより深い信頼感を築くことができると実感してます。

お金のことで相談にいらっしゃる方の多くは、数字だけではなく心の問題を解決することで、本当の幸せへの道に向かっていることも多いようです。マイクロカウンセリングを学ぶことで、相談者との信頼関係がより強くなると思います。

昨日はマイクロカウンセリングのなかでもFPとして必要な、しかし使い方を間違うと逆に相談者を不安にさせてしまいかねない「積極技法」について学びました。

積極技法は7つあり、どれもFPとしての相談に大事なものです。

指示

論理的帰結

自己開示

フィードバック

解釈

積極的要約

情報提供・助言・教示・意見・示唆

朝妻先生の分かりやすい説明と、具体的なケースの話とで深く落とし込むことが出来てます。

加えて2ヶ月に1回、自分の問題を解決する時間にもなっています。

FPとしても、自分自身も成長できる心理ラボです。ぜひ体験してみてください。(稲川)