2018年3月15日(木)FPのための心理学~アダルトチルドレン~

講 師:朝妻秀子氏(心理カウンセラー、東京・ビジネス・ラボラトリー代表取締役)
日 時:3月15日(木)14時00分~17時00分
場 所:東京ビジネスカウンセラー学院・東京本校
    東京都中央区京橋1-3-2モリイチビル4F

 

 

 

今回は「内外一致のモデル」を学びました。

内外一致の状態というのは、ありのままの自分を受容し、素直に生きている状態を言います。

FP相談とりわけお金の使い方や、ご家族の中での金銭的なことにまつわるトラブルなど、相談者の方の悩みの原因を探る必要があります。

この「内外一致のモデル」の考え方で紐解けることが多くあることが理解できます。

今回は、相談をうけるFP自身が6つの側面からみるワークを行うことで自分自身が外にむけての姿が一致しているか探りました。

ワークをすることで、相談者さんがFPに見せる姿が違うということを知ることができました。

自分を知るということが、お客様の相談にいかされることを改めて学んだので、心理ラボでの勉強は続けたいですね。

(記 神部)