2018年3月13日 第2回セミナー講師の技法と応用

2018年3月 第2回 セミナー講師養成ラボ活動報告

テーマ:セミナー講師の技法と応用
講師:(株)FPユニオンlabo 代表取締役 宮越肇氏
日時:3月13日(火)15時00分~17時00分
場所:(株)住まいと保険と資産管理
〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-12-10-2F

第2回目のセミナー講師養成ラボは、第1回目に参加された方に新しいメンバーの方を加えて開催いたしました。すでにセミナー講師をされているFPの方、セミナー講師を始められたばかりの方、これからセミナー講師をされたい方、いろいろな状況で参加くださっています。

今回のテーマは「自己紹介」。

「自己紹介」は、単に自分を紹介するだけでなく、その後に続くセミナーの前段階として重要な位置付けにあるということで、全員でロープレをし、それぞれフィードバックをもらい、ビデオにとって自分でも後で見れるようにとのセッティングでした。

まずはあるセミナー講師コンテストの優勝者の映像を見て「自己紹介」のポイントを理解、セミナーのテーマを決めるところからスタートしました。

宮越先生からのポイントは・・・

・講師に興味を持ってもらえる内容

・どんな経歴のある人かを伝える事で参加者から共感を得る

・体験談、経験談、現在→過去→未来 

・なぜ、この話をするのか? 話そうと思ったか?

・自分の信念(今後、何をやりたいのか? 今後のビジョン?)

そんなことを頭においてセミナーにつなげる自己紹介内容を考え、皆さんの前で自己紹介をしました。私は緊張しながらの自己紹介でしたが、皆さんが「お話を聞いてみたくなりました」と言ってくださいました。後で自分の映像を見た時は、「ちょっと噛んでる」「話すスピードが早いな」「話し方の癖がある」「姿勢が・・・」などなど、課題も見つけられました。そして、「自分の個性」はなんだろう、そんな個性が出せるセミナー講師を考えていきたいな、という思いをいだきました。

「自己紹介」について、こんなに組み立てて考えたことはなく、セミナーにおいて「自己紹介」は最初でぐっと参加者の方の心をつかむためには工夫が必要だということを痛感しました。

今まで定型的になりがちだった自己紹介にも、これからは意図をもって、工夫していかなければならないという実践的な学びの場として貴重な1日になったと思います。

(記 大野)