「継続教育単位認定」について

「FP協会の継続教育単位認定」についてのお知らせ

WAFP関東主催勉強会に対する継続教育単位認定については、
日本FP協会より以下のような回答をいただいています。

(1)一般向けでなく、専門家向けであるなど一定の要件を満たしているのであれば、
継続教育単位は、個人の申告(自己申告)によって個別に認められる。

(2)自己申告の際、必要になることがあるので、セミナーのレジュメは各自保存しておくこと。

(3)日本FP協会から主催団体に、その人が実際に参加したかどうか確認することがある。

つまり、WAFP関東は認定教育機関ではありませんが、WAFP関東の勉強会は(1)の基準に
該当するため、自己申告(日本FP協会HPのマイページから入力)というかたちで単位が
認められそうです。

ただし、「現在WAFP関東で行っているような勉強会なら単位として認められる可能性は
非常に高いが、必ず認められると決まっているわけではない点はご理解ください。」という
担当者のコメントがあったことを付け加えておきます。

自己申告される方のため、WAFP関東では以下のとおり対応します。

(1) 日本FP協会からの問い合わせに対応するため、
各勉強会の参加者名簿を『WAFP関東 事務局』にて保管。

(2) 今後開催される勉強会について、WAFP関東から参加証明書を交付。
(あくまで備忘録としての扱いです)

(3) レジュメについては、各自保管してください。

(4) 勉強会終了時に、マイページからの申請に必要な情報(科目、テーマなど)を
お知らせいたします。

研修委員会では、認定教育機関に負けないような勉強会を今後も開催していきます。

皆様の参加をお待ちしています。

また、勉強会のテーマや開催日時・場所等について、皆様からのご意見、ご感想を募集しています。