ラボ情報

住宅ローンラボ6月2日のセミナーのお知らせ ラボ情報

テーマ:共働き夫婦の住宅ローン事例(レアバージョン)
講師:吹田朝子さん
日時:6月2日(金)15時00分~17時00分
場所:広尾駅徒歩1分の一軒家サロン
参加費:3000円
詳細はこちら>>

起業ラボ6月8日のセミナーのお知らせ ラボ情報

テーマ:Fintech時代のFPの在り方と各自のビジネス展開について
講師:吹田朝子さん
日時:6月8日(木)10時00分~12時00分
場所:スカイプまたは、広尾駅徒歩1分の一軒家サロン
参加費:3000円
詳しくはこちら>>

心理カウンセリングラボ 2017年3月30日(木) ラボ情報

テーマ:相談者の目的を達成するための心理学(マイクロカウンセリング)
講師:朝妻秀子氏(心理カウンセラー、東京・ビジネス・ラボラトリー代表取締役)
日時:2017年3月30日(木)14時00分~17時00分
場所:東京ビジネスカウンセラー学院・東京本校
東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4F
https://goo.gl/maps/G5YFuexsCwC2
参加費:2500円
詳しくはこちら>>

資産形成ラボ2月5日(日) ラボ情報

テーマ:60歳以降のライフプラン・キャリアプラン
講師:小野玲子さん
日時:2月5日(日)15時00分~17時00分
場所:ウェンクジョーダンアンドカンパニー株式会社 会議室
http://wenk-jordan.co.jp/access.html
参加費:1000円
詳しくはこちら>>

 

終活ラボ3月1日(水) ラボ情報

テーマ:本当に役に立つ任意後見契約書の作り方、アドバイスの仕方
講 師:安田まゆみさん
日 時:2017年3月1日(水)13:30~16:30
場 所:後日、参加者にお伝えします。
参加費:3,000円
参加人数:10名まで
詳しくはこちら>>

決算書の見方読み方ラボ 1月18日(水) ラボ情報

テーマ:
カチッとした決算書からサッと予算感を読み解く独自の簡単メソッドを学び、貸借対照表と損益計算書について、その見方読み方のキーポイントを掴む!
今回は株主資本等変動計算書を学びます!
講 師:深澤大輔 氏
日 時:2017年1月18日(水)14時00分~16時00分
場 所:エアーズシー証券株式会社セミナールーム(http://www.airssea.co.jp/company/)
東京都中央区日本橋一丁目7番9号 ダヴィンチ日本橋179 7階
参加費:2,000円
詳しくはこちら>>

心理カウンセリングラボ 2017年1月19日(木) ラボ情報

テーマ:相談者の目的を達成するための心理学(マイクロカウンセリング)
講師:朝妻秀子氏(心理カウンセラー、東京・ビジネス・ラボラトリー代表取締役)
日時:2017年1月19日(木)14時00分~17時00分
場所:東京ビジネスカウンセラー学院・東京本校
東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4F
https://goo.gl/maps/G5YFuexsCwC2
参加費:2500円
詳しくはこちら>>

起業ラボ2017年2月1日(水) ラボ情報

テーマ:2017年!ステージアップしたFP業務展開の切り口
講師:吹田朝子さん
日時:2017年2月1日(水)10時00分~12時00分
場所:Inspire Space 広尾 渋谷区広尾5-3-7
http://inspire-space.net/?page_id=66
参加費:3000円
詳しくはこちら>>

決算書の見方読み方ラボ 12月19日(月) ラボ情報

テーマ:
カチッとした決算書からサッと予算感を読み解く独自の簡単メソッドを学び、
貸借対照表と損益計算書について、その見方読み方のキーポイントを掴む!
講 師:深澤大輔 氏
日 時:2016年12月19日(月)14時00分~16時00分
場 所:エアーズシー証券株式会社セミナールーム(http://www.airssea.co.jp/company/)
東京都中央区日本橋一丁目7番9号 ダヴィンチ日本橋179 7階
参加費:2,000円
詳しくはこちら>>

2016年11月13日 楽しみながら経済チャートを書こう講座(第3回) ラボ情報

日時:11月13日(日)10:00~12:00
場所:人形町区民館
参加者:5名
記録:鈴木暁子

初めに、米大統領選の結果を踏まえ、なぜ一気に円安に振れたかをトランプ氏の発言(方針)から検証した。
「法人減税」「国内還流収益への課税率引下げ」「輸入関税引上げ」「減税」というキーワードから連想し、
円安に振れる理由を導いていった。

次に「円高が進むと株安に進む」という常識が、今年は円高でも株価が強含みであることに触れ、その要因
を予測した。
日銀がETFを買付けが株価を下支えしていることのほか、株価と為替のグラフを書いて常識とは違う動きを
したところで何があったかを確認して予測していった。

最後に日経平均、J-REIT、長期金利のデータを用い、「REITは株とも債券とも連動性が低いので、ポート
フォリオに含めるとよりバランスが良いと言われているがホント?」を検証。
チャートは切り取るところで見え方(印象)が全く違う。そうやってバイアスのかかった判断をしてしまう
ことがあることを実感した。

日頃から角川先生は「生データの関係性を過去の経験則に基づき、仮説を立て検証していくことが経済の勉強の
しかたとして本流」とおっしゃっているが、3回の講義のチャート作成を通じ、改めてデータから真実を導いて
いくことの大切さ、連想していく力を養うことの重要性を学んだ。