メンバーズプラザ

第73回WAFP関東勉強会のお知らせ 11月26日開催
テーマ:知らないと損する相続対策と相続税税務調査の対応術
講師:西山裕志氏
日時:2021年11月26日(金)19時00分〜21時00分 
会場:オンライン開催(Zoom)(参加のためのURLは後日参加者にお送りいたします)
参加費(会員):0円
参加費(非会員):3000円
定員:100名(先着申し込み順)

詳しくはこちら>>
【著書】池田洋子さん 「買進下一支漲不停的股票:第一次進股市就該懂的技術分析」 会員からのお知らせ

■書籍名
買進下一支漲不停的股票:第一次進股市就該懂的技術分析

■出版社名
出版社名: 樂金文化(台湾)

■価格:
価格: NT$(ニュータイワンドル)300

■内容:
内容 2006年に日本の永岡書店より発刊した書籍「これから上がる株がわかる本: はじめての人でもわかる! 勝ち組成功の法則」を繁体字翻訳した書籍。紙印刷版は、台湾、香港、マカオなどを中心に発売。同時に電子書籍は中国本土を除く全世界で購入可能。

第72回勉強会の開催報告 勉強会

実施日 : 2021年07月17日

■タイトル
法改正から理解する年金相談のツボ

■参加人数
31 名

■報告内容
講師は、年金に関しての相談業務や講演の経験が豊富な、なごみFP・社労士事務所の中村薫先生。来年予定されている年金制度改正を中心に、年金制度の基本、実務に役立つ内容などについてお話しいただきました。

ポイントとなる年金改正は以下の3点!として

①働きながら年金をもらう「在職老齢年金」の改正
②パート等の社保加入範囲拡大
③老齢年金受給開始年齢拡大

についてと、明確にポイントを絞っていただきました。

明るくフランクなお話しぶりで、具体的な事例も多く、楽しく受講させていただきました。事前にレジュメも配布していただいたのですが、講座の中ではパワポのアニメーション機能をフルに使っていただき、その資料にどんどん書き込み、仕組みをシミュレーションしながら解説していただき、複雑な年金の仕組みもわかりやすく納得いくものとなりました。

後半ではワークも用意され、グループに分かれて検討したのですが、メンバー同士でワイワイ話し合いながら活気あふれる講座となりました。

「オンラインでもこんな風に説明することでお客様のご理解も進みそう」とこれも発見の一つでした。知識も工夫も学べてとても充実の講座でした。是非、今後に活かしたいと思います。
(桑田真理子)

第72回WAFP関東勉強会のお知らせ 7月17日開催
●勉強会
テーマ:法改正から理解する年金相談のツボ
 講師:中村薫氏
 日時:2021年7月17日(土)19時00分〜21時00分 
 会場:オンライン開催(Zoom)
 会場URL:参加のためのURLは後日参加者にお送りいたします。
 参加費(会員):0円
 参加費(非会員):3000円

詳しくはこちら>>
第22回総会/総会イベント開催報告

報告内容

第22総会および総会イベントはすべてzoomによるオンラインにて開催致しました。

日程:2021年5月20日(木)
総会:14:30〜
総会イベント:16:00〜18:00
講演「今後の世界経済はどうなる?FPが注視するべきポイントは?」です。楽今回の総会講師 野口悠紀雄氏(一橋大学名誉教授)

なお、今回より、総会通知の郵送を廃止してメールによる通知とし、議案書をペーパーレス(ダウンロード)と致しました。
また、名刺交換会は、コロナ禍での状況を鑑み、実施見送りとなりました。

総会

あこがれのFPの方々が一堂に会する、年に1度のこの総会がリアルだったら、WAFP関東に入会してまだ3ヶ月の私は、気後れして参加できなかったかもしれません。
しかし、今回はオンライン開催で参加しやすかったです。
まずは、昨年の各委員会の活動報告を拝聴し、コロナ禍においてもオンラインを活用し「学び続けること、高めあうこと、つながり続けることをやめない」という姿勢に感動しました。そして理事の方々、議長をはじめ、発表して下さったスピーカーの方のオンラインでの話し方も勉強になり、「WAFPに参加して一緒に前に進みましょう」と誰でも温かく迎え入れていただけることが伝わり、WAFP初心者の私にとって、とても嬉しいお言葉ばかりでした。
オンライン上ですが、温かく和やかな雰囲気を参加者の皆さまと共有することができて、私もワクワクした気持ちになり、2021年度の活動計画も魅力的で、これから参加するのがとても楽しみです。(伊藤 江里子)

総会イベント

講演:「今後の世界経済はどうなるFP が注視すべきポイントとは」(野口悠紀雄氏)

設定されているテーマの範囲が広いので、野口先生がどのような視点をお持ちなのかに興味を持ちながら拝聴しました。その中でも私が興味深かったのが次の4点です。

① モデルを設定してデータで確認
米中貿易戦争が始まった当初、野口先生は「関税の掛け合いによって負けるのは中国」と予想していたが、貿易収支等の実際のデータを見ていくとそうはならず、中国は単なる貿易依存度では測れないような強みを持っていることが判明した。

② 日本の生産性の低さ
その理由の1つにデジタル化の遅れがある。在宅勤務に着目されがちなリモートワークも海外出張はより大きな影響を受ける。例えば、成果主義への転換として、インドに住むインド人が東京の金融に在宅勤務することが可能になる。米国で金融に電話をかけるとインドのコールセンターにつながるのは20年以上前からなのに、日本で実現できなかった理由に言葉の壁もある。国際的な労働の利用ができなかったことも日本の生産性の低さにつながっている。

③ 中央銀行によるデジタル通貨の発行
中央銀行自身がマネーの取引データを入手できるようになる。もしこれを利用できるようになれば、データとしてのマネーの価値が非常に高まっていく。

④ データドリブン経営の加速
その重要さは知られていても、企業の帳簿作成、決算を経る必要があるなど、データをリアルタイムに入手できないのがネックだった。オープンバンキングの進むイギリスでは、コロナの緊急融資を申請してから決定までわずか60秒だったという。日本でも銀行法が改正され、オープンバンキングにより信用スコアリングの即時性と正確性が増し、貸し倒れの低下などが期待できる。

なお、全体に共通に考察範囲の広さと考察時間の長さを感じました。また、構造的な課題についていとも簡単にお話をされている点も印象的。講演終了後の質疑応答も活発で、価値ある総会イベントでした。

野口悠紀雄様、WAFP関東の皆様、貴重なお話をありがとうございました。
(法人会員 生活経済研究所レジスタードマーク長野)

【著書】飯村久美さん 「お金の先生!できるだけ簡単にお金が増える方法を教えてください。」 会員からのお知らせ

書籍名: 「お金の先生!できるだけ簡単にお金が増える方法を教えてください。」

■出版社名
出版社名: アスコム

■価格:
価格: 1430円

■内容:
内容 私がFPとしてこれまで1000件を超える家計診断をしてきてわかったのは、収入の多さ少なさと家計の健全さは必ずしも比例しないことです。
どんなに収入が少なくても、上手に支出を抑えられれば、お金を増やすゆとりが生まれてきます。
本書は、無理のなくお金が貯まる仕組みをご紹介しています。お手にとっていただけましたら嬉しいです。

■URL(amazonサイトなど)
お金の先生! できるだけ簡単にお金が増える方法を教えてください。 | 飯村 久美 |本 | 通販 | Amazon

第71回勉強会の開催報告 勉強会

■タイトル
首都圏の空き家 貴方にあった解決方法

■参加人数
29 名

■報告内容
2021年3月18日(木)15時00分〜17時00分
会場:オンライン開催(Zoom)

今回は、相続対策・不動産問題解決の専門家である、株式会社ダブルソリューションの斉藤博美さんを講師に迎え、空き家についてお話いただきました。
空き家問題の現状や問題の要因、また問題解決に向けての流れを、実際の解決事例を紹介していただきながら学ぶことができました。
またFPとして、情報をまとめて問題を整理すること、また適任の専門家の方と連携することの重要性など、今後の活動に向けて大事な視点を教えて頂きました。

後半は、ある相談事例に対して「FPとしてどんなアドバイスができるか?」をグループディスカッションし、各グループの発表を行いました。
自分だけでは気づかない点やアドバイスを共有いただき、大変大きな学びになりました。

空き家問題は、高齢の親の認知症や相続に大きく関わってくること、また解決に時間もかかるため、事前の対策が重要であることが非常によく理解できました。

FPとしては、お客様に事前対策の重要性をお伝えすること、行動に移せるサポートをいかにできるかが大事な役割だと感じました。
お客様の将来の問題回避や負担軽減につながるよう、今回学んだことを今後の活用に活かしていきたいと思います。
(山本美紀)

会員限定ページより、勉強会の講義動画を見ることが出来ます。
⇒会員限定ページはこちら(要パスワード入力)

第71回WAFP関東勉強会のお知らせ 3月18日(木)開催
第71回 WAFP 関東勉強会
日時:3月18日(木)14時00分〜16時00分
テーマ:『首都圏の空き家 貴方にあった解決方法』
講師 :斉藤博美 氏 (株)ダブルソリューション 代表取締役
参加費:会員無料/非会員3,000円
定員:100名(先着申し込み順)
場所:オンライン開催 ZOOM
詳しくはこちら>>
第21回総会開催報告

WAFP関東第21回総会を5月22日(金)に開催いたしました。

新型コロナの影響もあり、今回の総会はオンラインで開催いたしました。
初めての試みでしたが、総会参加人数は計46人(正会員42名、法人会員4名)となり、首都圏だけでなく地方の方にも参加していただきました。皆さま、ありがとうございました。

2020年度、WAFP関東では以下の2つの点を重点的に行っていきたいと思っております。

1.より実践的な情報提供、サポートを強化していく

今までも様々なイベントを行ってきましたが、今後は知識のインプットだけでなく、さらに会員の皆さまの仕事に役立つ情報提供を強化していきたいと思っております。

そこで、会員の皆さまにお願いがあります。
皆さまがどのような情報を求めているのか、ぜひご意見を聞かせていただきたいのです。

直接私を含め、理事にご連絡を頂いても構いません。
HPの問合せフォームからご連絡を頂いても構いません。
様々なご意見をいただきながら、できるだけ要望を取り入れながら対応していきたいと思っております。

2.新しいことにチャレンジする

アフターコロナの世界は仕事のスタイルも大きく変わっていくと思います。また、新しいツールや技術もどんどんと出てきています。その中で、便利だと思われるものを積極的に取り入れていきたいと思っております。

便利だと思われるものをWAFP関東で使ってみる。
そして、それが良いと思えば、ご自身のビジネスでもぜひ利用していただければと思います。

また、SNSなどを活用し、会員同士が交流できる場所を作っていきたいと考えております。
外部への情報発信なども様々なツールを使いながら、積極的に展開していく予定です。

不確実性が高まる中、FPの役割は広がっていくでしょう。

このような中で、私たちFPがどのように世の中に貢献できるのか、ということを模索しながら、WAFP関東の活動を盛り上げていきたいと思っております。
ただ、そのためには会員の皆さまのご協力が必要です。
どうぞ一緒に、WAFP関東の活動を盛り上げていきましょう!

なお、20周年記念イベントについては、今後の状態次第ですが、秋頃の開催を目指しております。
詳細が決まりましたら、またご連絡いたします。
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

会長 工藤清美

第70回勉強会の開催報告 勉強会

■タイトル
米国FPを知り 自分の仕事に活かそう

■参加人数
19 名

■報告内容
令和2年11月19日(木)15時00分〜17時00分
会場:オンライン開催(ZOOM)

今回はWAFP関東の会長工藤清美さんを講師に迎え、米国FPビジネス事情を知り、私たちの仕事に今後どう展開していくかを学びました。

前半は、米国FPの歴史や米国FPのビジネスモデル、日本の現状と今後について学びました。実際に何度も現地に行かれ米国FPビジネスを体感された工藤さんの体験談を通し、常に先を行っている米国FPビジネスを学ぶことで日本のFP業界の可能性を見出すことができました。

後半はグループディスカッションを行い、【自分の強み、ターゲット層、どう展開していくのか、来年の目標】をグループでシェアしました。皆さん初対面だったので最初は緊張しましたが、皆さんが目標を持って日々努力されているお話が聞けて大変充実した時間でした。私への悩みにも耳を傾けアドバイス下さり、とても勉強になりました。

講義を受けるだけではなく、ディスカッションを取り入れて下さったことで、講義の内容を自分自身に落とし込むことができ、何より工藤さんのパッションを非常に感じました。私もFPとして自分のスタイルを少しずつ確立していき工藤さんのような素晴らしいFPになりたいと思いました。

執筆者:喜多はるか

会員限定ページより、勉強会の講義動画を見ることが出来ます。
⇒会員限定ページはこちら(要パスワード入力)