FP活動応援制度

第1回FP活動応援制度 支援イベント ~その1~

菅原直子(すがわら なおこ)さん企画

教育費の作り方教えます~18年後の笑顔のために~

ありがとうございました! 無事終了しました。 報告はこちら チラシはこちら

<内容>
子供に望む進路とかかる費用から、教育費づくりのゴール(目標)を設定。
毎月の貯蓄額を算出したり、無理なく貯めるコツなどを楽しく学べる
ワークショップ型のセミナーです。

<講師>
菅原直子さん らいふでざいん菅原おふぃす 代表
子どもにかけるお金を考える会 メンバー
WAFP関東 会員

【プロフィール】
会計事務所向けオフコン販売 外資系生命保険会社勤務を経て
1997年よりファイナンシャル・プランナー

男ばかり3人の子育てとFPとしての日々の雑感を ブログ「湘南らいふでざいん」に
アップしています。 家計や保険見直しでお困りになっている方には 十分な時間を
かけてお話しを伺い、 適切な解決策をご提案するのがポリシーです。

ご希望の方には、提案後も継続してサポートしたり、 表計算ソフトExcelで、
オリジナルの家計簿ソフトをお作りします。

著書
「子どもの教育費これだけかかります。 (日労研・監修)」
「401Kサクセス・ストーリー(財形BCN・共訳)」
「ライフプランはじめのい~っぽ(FP教育の会・共著)」 など多数

 <開催地>
かながわ女性センター 多目的室(中) 神奈川県藤沢市江の島1-11-1 http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f41205/p2607.html

<開催予定日>
5月20日(日)13:30-15:30

<対象> 未就学児をもつ母親

<参加費> 500円(資料代含む)

<申込み>
氏名、連絡先をご記入のうえ以下 までメールしてください。
メールアドレス syonanmama●dream.jp (●は半角の@マークに変更してお使いください)

<WAFP関東以外の協力団体> 江の島塾MINA(ミナ)-EOS(エオス)

会場、日時が確定したら、お知らせメールとWAFP関東ホームページでご紹介します。
みなさんのホームページ、ブログ、Twitter、Facebookなどで宣伝してください。

みんなで菅原直子さんを応援しよう!

 

FP活動応援制度

※平成24年度のトライアル企画です。募集・イベントはすべて終了いたしました

第1回FP活動応援制度

  支援イベント決定!
平成24年1月22日に、東京ウィメンズプラザにて第1回FP活動応援制度審査会を開催しました。
たくさんのご応募の中から、理事会による厳正なる審査の結果、次に挙げるイベントを支援する
ことにいたしました。
各イベントの詳細は順次ホームページで紹介しています。

菅原直子さん企画

セミナー名:教育費の作り方教えます~18年後の笑顔のために~
日時:2012年5月20日(日)13:30~15:30
会場:かながわ女性センター 多目的室(中)
神奈川県藤沢市江の島1-11-1
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f41205/p2607.html
会費:500円(資料代含む)

平島晴美さん企画

セミナー名:住宅購入を考えている会社員の方必見!
「お金が貯まる住宅ローンの基礎知識」
日時:6月23日(土)13:30~15:30
会場:ミューザ川崎シンフォニーホール会議室2
会費:1,000円
申込:http://kokucheese.com/event/index/36753/

竹谷希美子さん企画

セミナー名:「夏休み!アグリ・ゲーム」
                    ~アグリレンジャーになって、にっぽんを救おう~
日時:7月24日(火)12:30~15:30
会場:すみだ産業会館(丸井錦糸町店9F) 会議室4
東京都墨田区江東橋3-9-10 JR・東京メトロ錦糸町駅前
URL:http://www.sumidasangyokaikan.jp/info/
会費:無料

 中田実千代さん、岡本典子さん、松尾孝子さん企画

セミナー名:FP的視点から、高齢期のすまいチェック!
日時:10月7日(日)13:30~16:00
会場:三茶しゃれなあど(世田谷区民会館別館)スワン
対象:高齢者とその家族
申込:http://kokucheese.com/event/index/47933/

【FP活動応援制度の概要】

(1)FP活動応援制度とは

平成23年度活動方針(FPを求める人々と会員をつなぐ架け橋となる場をみんなでつくろう!)を
具現化するために誕生した制度です。会員が開催するイベントを「WAFP関東共催」として、
資金、広報、運営の側面からサポートします。実施にあたっては、会員の皆様が利用しやすい
ように次に挙げる7つの工夫を施しました。ふるってご活用くださいませ。

 【FP活動応援制度 7つの工夫】

1.会員であれば、単独で主催するイベントであっても応募できます
2.最大4イベントをサポートします
3.対象となるイベントの開催期間にゆとりをもたせました
(平成24年4月1日~同年11月30日までの8カ月間)
4.講師料、会場費、広告宣伝費等を助成します(上限5万円)
5.イベントチラシ等に「WAFP関東(女性FPの会)共催」と入れることができます
6.当日の受付やセッティングのお手伝い(イベントサポーター)の派遣協力をします
7.平成23年12月4日に「自主開催セミナーのための勉強会」を開催します

※平成23・24年度はトライアル期間と位置付けております。
今後制度化するか否かは今回の応募状況、効果、会員の皆様から寄せられた声等により
判断したいと考えております。

(2)メリット

1.チラシ等に「WAFP関東(女性FPの会)共催」と明記できる
2.講師料、会場費、広告宣伝費等(配布資料等印刷代含む※)の助成が受けられる
(実費支給 1イベントにつき5万円上限)
※参加者から資料代を徴収する場合、その資料に関する印刷費の助成は対象外となります
3.当日の受付やセッティングのお手伝い(イベントサポーター)の派遣協力
4.WAFP関東お知らせメールとWAFP関東サイト等を使って、イベント告知を行います
5.イベント運営初心者の会員のために勉強会を開催します

(3)応募条件

・会員(正会員、賛助会員)が主体となって開催するイベントであること
・開催状況や収支、アンケート結果等の報告をWAFP関東に行うこと
・平成24年4月1日~11月30日の期間に開催するイベントであること
・イベント参加者にアンケートをとること(アンケート用紙の事前確認あり)

 <禁止事項>
次の項目に該当すると判断した場合は当団体の支援を受けることができません。
あらかじめご注意ください。

・参加者に不利益を与える行為(例:事前告知なしの販売・勧誘行為等)
・法律・法令、その他公序良俗に反する行為(違反するおそれのある行為を含む)
・個人情報を第三者に提供する行為(利用者本人の事前承諾を得た場合を除く)

(4)応募要項

応募用紙に必要事項をご記入の上、平成24年1月4日(水)までに
FP活動応援制度準備委員会のアドレスまでご送付ください。
平成24年1月22日午後、理事による公開審査会を行い、
当会が支援するイベントを決定します(最大4イベント)。

(5)審査基準

・目的とずれていないか
・禁止事項に該当していないか

※以上の視点でチェックしても支援イベントを絞れなかった場合には、
理事による無記名投票で決定します
※審査会は会員に公開します(投票権は理事のみ)
※ご提出いただいた書類に関する疑問・質問等がある場合は事前に
お電話等で確認させていただくことがあります

(6)スケジュール

①平成23年10月15日…募集開始
②平成23年11月1日…「自主開催セミナーのための勉強会」の告知開始
③平成23年12月4日…「自主開催セミナーのための勉強会」開催
※企画の立て方、会場の探し方、集客方法、レジュメの作り方、セミナーの
進め方などをレクチャーします。 3時間を予定。
④平成23年12月15日…公開審査会の告知開始
⑤平成24年 1月4日…FP活動応援制度 募集締切
⑥平成24年1月22日…公開審査会
⑦平成24年2月1日…お知らせメールにて支援イベントを発表

(7)FP活動応援制度準備委員会について

FP活動応援制度の制度化を目指して発足した組織です。
三役(会長、副会長、事務局長)と副事務局長1名(イベントサポーター担当者)で
構成しています。
平成23年度及び平成24年度に実施するFP活動応援制度の運営母体となります。

 <留意点>
・WAFP関東は共催という位置付けです。応募者の責任のもと運営してください
・イベント当日はFP活動応援制度準備委員会を中心に原則1名以上立ち会います
・立会人およびイベントサポーターの交通費はWAFPで支給します(往復4000円上限)
・当日お手伝いするイベントサポーターとWAFP関東からの立会人の参加費は
徴収しないでください

(8)報告書について

下記の内容に関する報告を所定のフォーマットに記入の上、イベント終了後10日以内に
イベント立会人にご提出ください。ご報告いただいた内容はお知らせメール(または
臨時メール)にて会員にフィードバックいたします。

<報告事項>
・イベント報告(実際の参加者数、当日の状況など)
・アンケートの声
・会計収支

(9)問い合わせ

不明な点等ございましたら、FP活動応援制度準備委員会まで
お気軽にお問い合わせください。
よろしくお願いいたします。