【「防災の日」にちなみ「“地震・防災”に関するアンケート調査」を実施しました】

毎年9月1日は「防災の日」。
1923年に発生した関東大震災に由来し、災害についての認識を深め、心構えや準備をすることを目的に1960年に制定されました。

今年で10回目となるアンケート調査では、災害への危機意識が薄らぐ傾向が見えたほか、地震被災時の「自宅再建費用の備え方」の変化や、現在加入している地震保険・共済等の補償で「不十分」と回答した方が約4割という結果となりました。
詳しくは下記よりご覧ください。

▼「“地震・防災”に関するアンケート調査を実施」プレスリリース(2021年8月27日発表)
https://www.i-sedai.com/pdf/PressRelease21082701.pdf

詳しくはこちら>>