2016年12月19日 カチッとした決算書からサッと予算感を読み解く独自の簡単メソッドを学び、貸借対照表と損益計算書について、その見方読み方のキーポイントを掴む!

2016年12月 第3回 決算書の見方読み方の開催報告

講 師:深澤大輔 氏
日 時:2016年12月19日(月)14時00分~16時00分
場 所:エアーズシー証券株式会社セミナールーム
http://www.airssea.co.jp/company/)
東京都中央区日本橋一丁目7番9号 ダヴィンチ日本橋179 7階
参加費:2,000円

決算書のB/S、P/Lについて、FPとしてわかっているはずでも、人に伝えるのはなかなか難しいもの。
そんな私は1回目も参加させて頂きましたが、前回同様、深澤さんの説明はまさに「わかりやすく伝える」というものでした。
今回は中級編で、キャッシュフロー計算書がなぜ必要なのか、読み方などをお話して頂きました。
中小企業では導入率が低いとのことで、ぜひ学んだことをクライアントさんにも伝えたいですね。
初めての参加された方々も「わかりやすい!」、「色々な企業の決算書も読めるようになりたい」などの声もあがっていました。

もっともっとFPの方々にも決算書の読み方を知り、面白いと思えるようになってもらいたいという深澤さんは、来年も様々な展開を考えていらっしゃるようです。次回も楽しみにしています。

(報告 水野 圭子)