総会/総会イベント/名刺交換会

WAFP関東(女性FPの会)

本年度WAFP関東総会および総会イベントを、以下のとおり開催いたします。
オンライン開催により、関東在住の方だけでなく、関東以外にお住いの方にも参加いただきやすくなりました。
ご参加を心からお待ちしております。

※第22回WAFP関東総会イベントで行われた野口悠紀雄先生のご講演動画は、会員限定ページ内にございます。よろしければこちらもご覧ください。

次回のご案内

※たくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました。次年度の開催概要が決まり次第、あらためてご案内させていただきます。
また、当日ご参加いただけなかったWAFP会員のみなさまのために、会員限定ページ(要パスワード)に下記イベントの動画アーカイブをご用意させていただきました。よろしければそちらをご覧ください!

日程:2022年5月19日(木)
総会:14:15 ~ Zoom入室開始
   14:30 ~ (15:40終了予定)
総会イベント(荒金雅子氏によるご講演)
   15:50 ~ Zoom入室開始
   16:00 ~ (18:00閉会予定)

■参加費
WAFP関東会員:0円
非会員:2000円

■申込開始日/申込フォーム
【会員】
「WAFP関東 第23回総会・総会イベントお申込みフォーム(会員用)」
https://ws.formzu.net/fgen/S6368029/

【非会員】
「WAFP関東 第23回総会イベントお申込みリンク(非会員用)」
https://wafp20220519.peatix.com
(非会員の方はPeatixよりお申込みとなります)

お申込締切日は、会員・非会員とも5月17日となっております。まだお申込みでない方はお急ぎください!
※【正会員の方】で、【ご欠席される方】についても、必ず以下のお申込みフォームから「委任状」の記入をお願いいたします。

<申し込み締め切りは、5月17日です。お早めにお申し込み願います>
なお、既にお知らせしておりますが、今年も、昨今の状況を鑑みて、総会および総会イベントはすべてオンライン開催となります(※名刺交換会は実施見送り)。
総会議案書や総会通知についても郵送廃止とし、全てペーパーレス(ダウンロード)で実施いたします。ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
多くの方のご参加、お待ちしております。


【総会イベントのご案内】
テーマ:「FPとアンコンシャス・バイアス」
~思考の癖に気づき、思い込みの罠から抜け出そう!~
講師:荒金雅子氏(株式会社クオリア代表取締役)

■講演概要■
相談や執筆、講演等のFP業務の中で、知らずアンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)に陥ってはいませんか?そのまま業務を進めると、顧客の満足度が下がってしまう可能性さえあります。
FPがぜひ知っておきたいアンコンシャス・バイアスについて知識を深めるとともに、知らず知らず持っている自分のバイアスについて確認してみませんか?

*内容*
1.こんなときどうする?
~よくあるFPのアンコンシャス・バイアス事例
2.アンコンシャス・バイアスって何?
・脳は都合よく思いこむ
・人はカテゴライズしたい生き物
・アンコンシャス・バイアスの与える影響を考える
3.FPあるあるアンコンシャス・バイアスを考えよう
~ブレイクアウトセッション
4.アンコンシャス・バイアス2つの対処法
①自分の思考の癖に気づく
・思考スタイルチェック
・メタ認知で柔軟な思考スタイルを手に入れる
②コミュニケーション力を強化する
・使いこなしたい3つのスキル
・明日から始めるアンコンシャス・バイアス日記

【プロフィール】

荒金雅子氏
株式会社クオリア 代表取締役 https://www.qualia.vc
国際ファシリテーターズ協会認定プロフェッショナルファシリテーター(CPF)
Standing in the fire認定(2015年)ダイバーシティスペシャリスト
都市計画コンサルタント会社、NPO法人理事、会社経営等を経て、株式会社クオリアを設立、代表取締役に就任。1996年にD&Iのコンセプトに出会い、以降一貫して組織のD&I推進や女性の能力開発、リーダーシップ開発、組織活性化などのコンサルティングに取り組む。意識や行動変容を促進するプログラムには定評があり、特にアンコンシャス・バイアストレーニングやインクルージョン推進プログラムは高い評価を得ている。

2017年に開催されたグローバルサミットオブウィメン日本大会実行委員コアメンバー
2018年国際ファシリテーター協会(IAF)アジア大会実行委員会メンバー

*著書*
「ダイバーシティ&インクルージョン経営-これからの経営戦略と働き方」(日本規格協会)、「多様性を活かすダイバーシティ経営~基礎編」、「(同左) ~実践編」(日本規格協会)ほか著書多数