勉強会

WAFP関東(女性FPの会)

ブラッシュアップやスキルアップに

勉強会はWAFP関東のメインとなる活動の一つで基本的に年に3回、FP実務にまつわる幅広いテーマを取り上げ知識のブラッシュアップやスキルアップに役立つ内容を研修委員会が企画しています。

また、一般の継続研修や個人での参加が難しい施設見学会などWAFP関東ならではのテーマも見逃せません。
非会員の方でも参加可能ですので、お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。
日本FP協会の継続教育単位を申請することもできます。

次回のご案内

第80回WAFP勉強会
テーマ:「一生涯におけるお金との向き合い方〜資産形成と資産活用をつないで考える」
講師:野尻哲史氏
日時:2024年3月4日(月)19時00分〜21時00分 
会場:オンライン開催(Zoom)
参加費(会員):0円
参加費(非会員):3000円
申込URL:https://wafpkensyu80.peatix.com

【勉強会概要】
講師は、合同会社フィンウェル研究所代表の野尻哲史氏です。
国内外の証券会社でご活躍されたのち、長きにわたって資産形成・資産活用の啓発活動をされてこられた野尻先生にお話をいただきます。大変興味深い「使いながらの運用」など、「お金との向き合い方」についてご講演いただきます。

☆野尻先生よりメッセージ
生涯にわたるお金との向き合い方を考えるときに、登山に例えることが多くあります。
資産形成が山を登る局面で、出来上がった資産を取り崩して生活する資産活用局面は下山といえます。登山家が下山ルートを確かめないで登山を始めないのと同様に、お金との向き合い方も資産活用から考えるべきだと思います。
そこで、勉強会では資産活用のカギを握る退職後の生活の満足度からスタートします。これは「何のために資産形成をするのか」という問いに対する答えかもしれません。
次に緩やかな下山ルートを確保するための手段として、「使いながら運用する」という考え方を紹介し、そのノウハウの一端を考えます。この考え方を理解したうえで、資産形成の計画に入ります。現役時代に何をするべきか、どう考えるべきかです。その中には投資の極意、「卵は一つのカゴに盛るな」の本当の意味、投資信託の持つチカラなどを紹介します。
最後に、資産活用がなぜ求められているのかを超高齢社会における高齢者のチカラを振り返って考えたいと思っています。

【講師プロフィール】
野尻 哲史 氏
合同会社フィンウェル研究所代表

国内外証券会社調査部を経て2006年から外資系運用会社で投資啓発活動に従事。
19年5月に合同会社フィンウェル研究所を設立し代表に。
退職後のお金との向き合い方を資産運用だけでなく勤労・移住など多方面から分析する。
日本証券アナリスト協会認定アナリスト、行動経済学会等の会員の他、18年9月より金融審議会市場ワーンググループ、22年9月より同顧客本位タスクフォース、23年10月より同資産運用タスクフォースの委員も務める。
『60代からの資産「使い切り」法』(日本経済新聞出版)、「IFAとは何者か」(金融財政事情研究会)など著書多数。

☆今回の勉強会は、オンライン形式で実施いたします。
比較的多くの方が参加しやすい平日夜間の開催です。気軽にご参加ください。
実務経験豊富な講師によるセミナーは、資産形成に関する知識を深めます。
質疑応答の時間も設けられておりますので、実践的な知識を得られる絶好の機会です。
※今回は勉強会の収録は行いません。
当日ご参加の方だけが学べる内容となっておりますので、皆さまのご参加をお待ちしております。

【その他】
☆参加をご希望の方は、早めにお申し込みください。
当日欠席される場合は、お早めにご連絡くださいますようお願いいたします。

☆ FP 資格の単位申請(金融 2単位)も可能です。
遅刻、早退された場合は、単位申請不可となりますのでご了承ください。

非会員、男性の方のご参加もお待ちしております。
事前のご質問も大歓迎です。事前質問はお申し込みの際、講師への質問の欄に内容をお書き添えください。
質問内容を事前に講師にお伝えし、当日可能な限りお答えいただきます。

◆定員:100名 (先着申し込み順)
◆勉強会への問い合わせ:kensyu@wafp-k.net