コーチングラボ

コーチングラボ 1月18日(金)

テーマ:「偶キャリの積み重ねで、人生後半を自分らしく生きる」
「くみ子の部屋」(ゲスト高伊茂氏)
日時:1月18日(金)13:30~16:45
場所:青山生涯学習館 (学習室2)
詳しくはこちら≫≫

コーチングラボ 12月21日(金)

テーマ:ひとは一人一人違うというけれど、「な・に・が」違うの?
講師:櫻田 毅氏・井原くみ子氏
日時:12月21日(金)13:30~16:45
場所:青山生涯学習館 (学習室2)
詳しくはこちら≫

コーチングラボ

                            コーディネーター: 近 美枝子

人は誰でも無限の可能性を持って生まれてきたと先人は言います。
そして「コーチング」ではその先人の言葉をこう言い換えています。
 「答えはその人の中に有る」と。
 「答えを自分が持っている」とは知らない人に、
次のように聴いてみることから 「コーチング」は始まります。
 「貴方は、今の貴方にどのくらい満足していますか?」
 「現状を作りだしている原因で、来月も活かした方がいいことは?」
 「現状を作り出している原因で、来月は変えた方がいいことは?」
 「行動してみて、分かった事はなんですか?」
 「貴方がこの半年を通じて恵まれていると思うことは何ですか?」
 「この半年の先に続く半年を、貴方はどんな半年にしたいですか?」

次回のご案内

 第21回 コーチングラボのご案内

テーマ:「ピンチをチャンスに換える法?」
講 師:井原くみ子氏 ・ 近美枝子
日 時:11月16日(金)13:30~16:45
会 場:青山生涯学習館 学習室2 参加費:1,000円
申込み:① 入力フォームにて
    ②近美枝子 宛 直接申込

「起死回生」という言葉をご存知だと思います。
そうです。
「今まさに死のうとする患者を生き返らせること」をいいますが、
まさに「極限のピンチ」であればあるほど「切り換った後の可能性が大である」
と言うことを、言っているのだと思います。
貴方の「ピンチ」はどんなことでしたか? そして、それをどう乗り越えられたのでしょうか?
そこから、ピンチをチャンスに換える法を、探究してみませんか?

<講師 >
●井原 くみ子氏
・ 三重県四日市市生まれ、埼玉県在住
・ 国際コーチ連盟プロフェッショナル認定コーチ
・ ビジネスコーチング・パーソナルコーチングを共に行う
・ これまで500人以上のクライアントにセッション5,000時間

●近 美枝子(コーチ兼 世話人)
・株式会社120パーセント代表取締役
・(財)生涯学習開発財団認定コーチ
・ファイナンシャル・プランナー

参加について

※WAFP会員ならどなたでも参加できます。
事前に 近美枝子までご連絡ください。

※WAFP関東の会員でない方も、ラボの企画するセミナー等に参加していただけます。
申し込みの際に非会員である旨をご連絡ください。
ただし、「1ラボ につき1回まで」となりますのでご了承ください。

報告

2012年7月 第18回 コーチングラボ 報告

テーマ:「承認(貴方の存在を認めています)」
講師:井原くみ子氏・近美枝子
日時:7月20日(金)18:30~21:15
会場:青山生涯学習館(学習室2)
参加費:1,000円
参加者:6名

はじめに、承認とは相手の存在を認めて、相手のどんなに小さな変化や成長も 見逃さずに
伝えることで、それを行うことによって、その相手の今取り組んで いる行動が強化される
ことを井原コーチから教えていただきました。
承認欲求はどんな人間にもあり、それを満たすことで、いまやっている行動を 強化する効果が
あるそうです。 コーチングラボは毎回ワークを行います。

今回は「私の元気の素」という1分間スピーチを行い、それに対して各人が承認 するという
ものでした。話しの内容だけでなく、相手のしぐさや目線、姿勢など からも承認のヒントが
溢れているのですね。
実際にコーチをされている方も参加されていたので、とても参考になりました。

コーチングラボはたくさんの気付きを与えてくれる場です。相談業務や交渉ごとに 役立つのは
もちろんですが、子育てや自分育てにも重宝します。今回教えていただ いた「承認」は
家計相談に使えそう。やりくりを習慣化するためのお客様への 声かけに使わせていただきます。

次回9月は、今年5月の総会イベントで講師をしてくださった横田響子氏が「作っておくと
すごく便利ですよ」と言っていた「30秒キャッチフレーズ」づくりを します。
コーチング手法にもとづく作り方をするそうです。
どんなことをするのでしょうね。今からワクワク、楽しみです!

報告者 柳澤美由紀

2012年6月 第17回 コーチングラボ 報告

テーマ:傾聴(けいちょう)こそ人間関係の「最重要課題」・・・第2弾
講師:井原くみ子氏・近美枝子氏
日時:6月22日(金)13:30~16:45
会場:青山生涯学習館(学習室2)
参加者:10名

第17回のコーチングラボでは、会話、報告、雑談、打ち合わせなど、 いろいろな場面に
おいて重要な要素である「傾聴(耳をかたむけて聴く)」を採り上げました。

「しっかり聴いてもらえた時」の話し手の笑顔溢れる表情と、「興味なさそうな」、
「ソッポを向かれているっような」、「興味のなさそうな」態度を示された時の 話し手の
「やるせない、寂しげな、もうこれ以上話したくない」という表情との大きな差が
「演技している聴き手」にはっきり分かる体験だったと、後での感想で皆さんから伝えられました。

今回の参加者の中には、5月29日のWAFP総会後の懇親会で興味を持っていただいた上司に
勧められたとおっしゃる生保業界の管理職男性と、知人から御紹介された女性(スーパーの
店長さん)が加わっておられました。

また、聴き手として「話し手に共感し、理解している気持ち」を示すものとして
「相手の言葉」を繰り返す。 「相手の語尾、キーワード」を繰り返す。
「相手の話を要約」する。 と、大変効果があると学びました。

報告者  近 美枝子

「ラボについて」のページへ