勉強会開催報告

第59回勉強会の開催報告

第59回勉強会のご報告

テーマ:「保険業界の動向と商品開発の仕組み」
講師:野口 俊哉氏/チューリッヒ・ライフ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド
日時:2016年10月6日(木)14:30~16:30
会場:東京ウィメンズプラザ会議室

マイナス金利を受け保険商品の売止め、標準利率の見直しで一部商品の保険料が上がるのではないか、さらに保険会社の手数料開示など、現在保険業界では大きなニュースがいくつか出ています。今回は、そのあたりのお話も伺うことができました。
講師は、チューリッヒ生命で商品開発にも携わっている日本アクチュアリー会正会員の野口氏です。難しい内容も予想しておりまたしたが、講師のお人柄で会場では、ときに笑いあり終始和やか雰囲気で進行されました。
講師自身の経歴に沿って、保険業界が今に至るまでの流れやその時代の現場の状況など生きた情報を伺うことができました。業界にいなかった者にとってはとても新鮮です。
そして通常ではほぼない、商品開発の角度から保険商品を考える機会を少しですが得ることができました。死亡率・発生率の算出のこと、あらゆるリスクにどのように対処していくかが商品開発のポイントになる事など、とても貴重なお話でした。
「マイナス金利」「標準利率の改定」「手数料開示」「標準生命表の改定」といった要因による今後の保険会社の動向を、本日伺ったことをもとに追っていきたいと思いす。また保険商品を見るとき、新たな切り口ができたようで嬉しいです。野口さん、本当にありがとうございました。

(報告:内村しづ子)


野口 俊哉 氏

チューリッヒ・ライフ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド
チューリッヒ生命 チーフ・マーケティング・プロポジション・オフィサー日本
アクチュアリー会正会員

慶應義塾大学理工学部数理科学科卒業。大手損害保険会社、生命保険会社を経て、2007年より日本初のインターネット専業生命保険会社の設立に参画。
企画部長として、商品開発や広報等を担当。2012年より現職。マーケティング戦略、ブランディング、広報、商品開発、収益管理等の担当役員。
損害保険、変額年金保険、生命保険のすべての分野に関する商品開発ノウハウや営業経験を有するアクチュアリー。

img_2186

img_2182

第58回勉強会の開催報告

第58回勉強会のご報告

テーマ:「現場で見る老いの実態 
   老年学を知ってライフプランを考える」
講師:堀内裕子氏/シニアライフデザイン代表
日時:2016年6月22日(水) 14時30分~16時30分
会場:東京ウィメンズプラザ会議室

今回の勉強会では老いを学問「老年学」として学ぶことで、柔和に受け入れられるものになることが最大の学びでした。
私の最も身近な「老い」は、やはり両親ですが、娘という立場だとどうしても「なんでこんなことも?」と考えてしまいがちでしたが、本日の学びで、受け入れる・認めるということができるように思います。
これは当然親族に限らず、普段、高齢者を対象にお仕事をされている方には必要な学問だと感じました。
そして、いつかは自分自身の老いについても、ストレスなく受け入れられるのではないかと思います。

「生きがい」「死にがい」、今後、追究していきたいテーマになりました。

(報告:松原 季恵)

堀内裕子氏

桜美林大学老年学総合研究所連携研究員/東京都健康長寿医療センター研究所連携研究員
ジェントロジー(老年学)を日本において唯一学部として持つ桜美林大学大学院で
研究するかたわら、企業や自治体に対してシニアマーケットのコンサルティングも多数行う。
また、東京都福祉サービス第3者評価の評価員や情報公表の調査員としても活動。

20160622IMG_143420160622IMG_1431

第57回勉強会の開催報告

第57回勉強会のご報告

テーマ:「日経平均が10万円を超えるのはいつか?
   アベノミクス後の株式投資を考える」
講師:新井亮一氏/アライ・キャピタルマネジメント(株)代表取締役
日時:2016年1月26日(火) 10:00~12:00
会場:東京ウィメンズプラザ会議室 第2会議室A・B 

講師の新井氏は、外資系金融機関でのファンドマネージャー及び投資責任者ご経験後、現在は独立して大学の基金運用を任されている運用のプロフェッショナル。長年の経験に裏打ちされた確かな知識と深い洞察、柔らかく聞きやすい語り口に引き込まれ、あっという間の一時間半でした。

日経平均が10万円を超えるのはいつか?という題目から、5年後10年後の株価メインシナリオ、楽観、悲観シナリオを示し、現在100万円投資したとしたらどうなっているかというシミュレーションを、PER、企業利益成長率の二つの側面から説明してくださいました。

企業利益成長率については、日本の企業を、東京大学の藤本隆宏教授が提唱した産業分類である「擦り合わせ型産業(車、部品、小売りなど)」「組み合わせ型産業(携帯、半導体、金融など)」の2タイプに分け、前者が業績好調、後者が業績軟調であることを日経平均の業種別指数を使って解説いただきました。日本人が擦り合わせ型産業が得意であることを、おなじみのちびまるこちゃんの「さくら家の家系図」を用いて説明され、随所に一般人にも分かりやすい要素を入れてくださる配慮がありがたかったです。

株式市場や企業の構造を見る上で新しい視点を与えてくださり、とても勉強になりました。新井さんありがとうございました。

(報告:常磐麗奈)

新井亮一氏

.1988年 国際基督教大学卒業、同年JPモルガンの資産運用部門にアナリストとして入社
.1998年 マネジング・ディレクター、運用本部長兼CIO(Chief Investment Officer)
モルガン信託銀行(のちJPモルガン・アセット・マネジメント)副社長
・2009年 引退、JPモルガン・アセット・マネジメント・取締役(非常勤)
青山学院大学大学院国際マネジメント研究科非常勤講師(現職)
・2010年 早稲田大学大学院ファイナンス研究科終了
・2012年 アライ・キャピタル・マネジメント(株)代表取締役(現職)
・2014年 専修大学経済学部大学院客員教授(現職)、国際基督教大学基金理事(現職)

勉強会写真2    勉強会写真1

第56回勉強会開催報告

第56回勉強会のご報告

テーマ:「信託を基礎から学び、FP相談力をひろげる」
講師:菅野真美氏 / 税理士
日時:2015年11月19日(木)14時30分~16時30分
場所:東京ウィメンズプラザ第2会議室A・B

最近”信託”という言葉はよく耳にするものの、難しそうでなかなか近寄りがたく、実はこの講習も申し込むかどうか迷った末の参加でした。しかし、いざ会場に行ってみると、既に満席で、関心度の高さを実感しました。

まずは配られたテキストですが、字が大きくて挿絵がふんだんに使われ、見やすくわかりやすい!

信託=信託銀行ー>佐藤浩市みたいなイメージが何となくあって、どうも自分とはかけ離れたところにあるような気がして馴染めなかったのですが、そのテキストをパラパラとめくってみると、認知症や相続などの老後の心配、最近よく質問を受ける成年後見人や遺言についてなどの身近な言葉ばかりが目に入ってきて、私の信託に対する先入観は一気に吹っ飛びました。

講師の菅野先生は淡々と話されるものの、信託ってどんなもので、どのような構造(人間関係)になっていて、どんな特徴があり、と基本的なところを順を追って説明して下さいました。加えて、ケースごとにスキームを簡単に紹介してくださり、時には笑いありで、途中休憩もなくあっという間に2時間経ってしまいました。

私は日ごろ保険を主として取り扱っているので、個人や自社株などの相続の問題についても保険を使った解決策が頭に浮かびます。今回の勉強会では、信託をマスターすることによって考え方の幅も広がり、有意義な提案に繋がると感じました。

とはいえ、委託者、受託者、受益者・・・こんがらがってしまうぐらいまだまだ初心者です。しかし、菅野先生の「信託は未知な部分がたくさんありますが、工夫次第で思いもよらぬ使い方、問題解決の仕方が見つかります。クリエイティブな提案は、ビジネスチャンスを創り出します。」という言葉に、まさにその通りだと合点が行きました。勉強の必要性と、信託の奥深さを学んだ講習会でした。

(報告:正木玲子)

講師:菅野真美氏(税理士) 

関西学院大学法学部卒業後、平成2年に税理士試験に合格。
平成18年まで新日本監査法人大阪事務所並びに関係会社において
監査並びに税務コンサルティング業務に当たる。
日本租税総合研究員を経て、税理士事務所を開業。
現在は東京税理士会芝支部に在籍。

第56回勉強会写真256回勉強会写真1
 
第55回勉強会開催報告

第55回勉強会のご報告

テーマ:確定拠出年金の動向と活用アドバイス
講師:大江英樹氏(株式会社オフィス・リベルタス 代表取締役)
日時:2015年6月24日(水)18:30~20:30
場所:東京ウィメンズプラザ第2会議室A・B

個人型確定拠出年金制度については、2015年の税制改正大綱が国会に上程、施行されれば加入対象者は現役世代全てに拡大します。申し込み39名、参加37名とこのテーマへの関心の高さがうかがえます。

講師は野村證券に勤務時代、確定拠出年金の企業への導入・投資教育サポートに携わってこられた大江英樹先生。軽妙なトーク(関西ご出身?)で明るい勉強会となりました。

前半は、年金制度のルーツとこれまでの流れ、確定拠出年金制度へ移行した経緯など。後半は、運用の考え方とFPとして知っておきたい制度上の問題点やNISAとの比較、参考資料について。

個人型確定拠出年金は、制度自体が知られていないことなどから、加入対象者に比べると実際の加入者はわずか0.5%とのこと。運用もそれほど難しくなく、活用メリットの大きいこの制度の良さを発信していくこともFPの役割となりそうです。

今回初めての学習会でしたが、老後資金の運用については、「難しい」「苦手」という意識があり、考えも整理できていなかったので、参加させていただいてよかったです。企画・運営を担当された皆様、どうもありがとうございました。

(報告:小池 富美江)

講師:大江英樹氏 (株式会社オフィス・リベルタス 代表取締役)

経済コラムニスト。大手証券会社で定年まで勤めた後に独立。
シニアライフプラン、行動経済学、確定拠出年金、資産運用等を
テーマとして執筆や講演活動を行なっている。
著書に「その損の9割は避けられる」等がある。

第55回勉強会写真2  WAFP第55回勉強会写真1

第54回勉強会開催報告

第54回勉強会のご報告

テーマ:不動産投資の現状と戦略
    ~リノベーション式不動産投資のパイオニアが語る新時代の不動産投資戦略とは~
講師:巻口成憲氏(LEEWAYS株式会社 代表取締役/REISM株式会社 専務取締役)
日時:2015年2月6日(金)  18:30~20:30
会場:東京ウィメンズプラザ会議室

当日は、不動産投資というテーマからか、いつもより男性の参加者が多かったように思います。私も男性のSGメンバーから出席したいという依頼を受け、本部におつなぎしました。
ほぼ満席の盛況で関心に高さがうかがわれます。

講師の巻口成憲氏は、経営コンサルタント、公認不動産コンサルティングマスターとして、沢山の不動産投資の経験から、現在は「リノベーション式不動産投資」のパイオニアとして活躍していらっしゃいます。不動産投資の現状を肌で知る方のお話は、気づきの多い、FPとして不動産投資のアドバイスをするために、今までにない視点を与えてくださいました。さらに海外不動産投資についてもお話しいただきました。外国人が土地を所有したり、リタイアメントビザが取得できる国もあるそうです。

やはり不動産投資は東京圏がターゲットであり、そのニーズや物件選びのポイント、不動産評価の仕方、不動産投資のノウハウなど、会員だけの勉強会でしかうかがえないお話もたくさんありました。
そして、巻口氏のビジネスモデルである「リノベーション式不動産投資」について詳しく開示していただき、とてもありがたかったです。

巻口氏の「リノベーション賃貸」は差別化したリノベーションと、ライフスタイルの提案により、こんな生活がしたいというファンを作りだす、従来とは全く違ったやり方です。そのファンを会員として囲い込むという方法で、入居者が空き待ち行列を作るという、考えられないことが起きているそうです。そのノウハウもしっかりお話しくださいました。

これからは資産運用に目を向けて行かなければならないと思っています。その一つの選択肢として、不動産投資についてアドバイスのヒントや具体例を学ぶことができました。

2時間という制約の中、盛りだくさんのお話を頂き、特にFPとして高い付加価値を付けることの大切さを考えさせられました。これからの自分のビジネスにも差別化、付加価値を考えて行こうと思った2時間でした。
(報告:桑野恵子)

講師アップ   会場全体

第53回勉強会開催報告

第53回勉強会の報告

テーマ:医療・介護制度激変時代に求められる高齢者住宅とは
     ~現状と課題、今後の行方~
講師:吉村直子氏(株式会社長谷工総合研究所)
日時:2014年11月11日(火)  10:00-12:00
会場:東京ウィメンズプラザ2階第2会議室A、B

50歳も過ぎると自分の親の介護や、自分自身の老後を強く意識するようになる。また同年代のお客様からも、親の介護や終の棲家についてのご相談を多く受ける。本日のテーマは自分に身近な視点からも、また世界に前例を見ない急激な日本の高齢化をどう乗り切って次の世代につないでいくのか、という視点からも非常に興味深い内容だった。

講師は一貫して高齢者住宅の政策や市場環境の分析・評価などに携わってこられた株式会社長谷工研究所の吉村直子先生。団塊の世代が後期高齢者となる2025年に向けて、待ったなしの改正を迫られている医療・介護制度の概要と今後の改革の方向性から高齢者住宅の種類と特徴・整備動向、消費者目線からの住替えニーズやサービスと費用まで、体系的にお話しいただいた。

前半は、都市部の高齢者の急増や高齢者のみ世帯の急増による、「老老介護」「老老親子介護」「認認介護」の問題から給付を抑制しながらも、いかに重点的・効率的な給付を行っていくことが必要かというお話だった。医療費抑制のため病院のベッドは増えないという現実の中で、今後介護施設が看取りの場となることも期待されている。介護保険制度も、より介護度が重く経済的に困難な人に重点的に給付配分される方向に改正される。特養への入所要件も要介護3以上が原則となる。

後半はそんな社会的要請の中、終の棲家を具体的にどう選んでいくのか、というお話だった。わかりにくい老人ホームの種類を体系的にお話しいただき、同じ有料老人ホームでも介護「一体方式」と「選択方式」でサービスの内容と料金がどう変わってくるのか、どの時点でどの種類の介護施設に住替えるのかなど、具体的な施設選びのお話まで伺うことができた。

2時間弱の時間の中で、大変密度の濃いお話をいただき本当に感謝している。FPとして相談業務に携わるうえで不可欠なお話として今後の業務に活かしていきたいと思う。
(報告:有田美津子)

53回勉強会 近景  53回勉強会全体像

2012年会員限定セミナー&会員交流会&第47回勉強会の報告

2012年会員限定セミナー&会員交流会&第47回勉強会の報告

2012年度の会員交流会は、第47回勉強会と同時に2012年11月11日(日)に開催されました。

<第1部>勉強会
テーマ:私の仕事術
講師:深田晶恵氏
FPとして活躍中の深田晶恵氏から、講演や執筆でのご活躍の背景を含め、 FP業界においての仕事術についてお話しいただきました。
テーマ:私のWAFP使いこなし術
講師:河原正子氏/平島晴美氏
河原さんには、WAFP入会をきっかけに、現在までの活躍の場をつくられた経緯など、平島さんには、独立系FPとは異なり、労働組合に所属されるという立場で、WAFPとの上手なつながりについてお話しいただきました。

<第2部>会員交流会
今回の交流会のテーマは「WAFPで仲間を見つけよう」。
当日は、事前にみなさんにお聞きしたテーマを一覧表にして配布し、それをもとに仲間を探しました。その後は興味・関心のあるテーマごとにグループを作って座談会。WAFPの理事が各テーブルのファシリテーターを務め、ゲストの深田さんも加わってくださり、各テーブルとも大いに盛り上がりました。もっと時間がほしかったという意見が多数あったほど。最後は、各ラボの紹介で締めくくりました。

平成12年度会員交流会

<第3部>懇親会  「食べて、飲んで、楽しく交流を深めよう!」


初めて参加したセミナー&交流会は、先輩方の話が聴けたり新しい出会いもできて、充実した時間でした。
第1部では大先輩FPの深田昌恵さんによる「私の仕事術」と題しての講演でした。FPとして活躍されるまでの経緯や仕事をする上での心がけや工夫されていること等、聴き入ってしまうお話ばかりで大変参考になりました。
また後半では、河原さんや平島さんが、WAFPと関わりながら前向きに活動されている話に元気を頂きました。
第2部では興味あるテーマ別に分かれての交流会で、ベテランFPの方々からのノウハウを伝授頂いた後は、食べて飲んでの盛り上った交流会となり楽しかったです。
趣向を凝らして企画して頂いた先輩方、ありがとうございました。(水野圭子)

毎回楽しみなWAFP関東会員限定セミナー。
第1部は、深田晶恵さんに「私の仕事術」について講演をして頂きました。仕事の取り方、コラムを書き方、情報収集の仕方など、深田さんならではの秘密のテクニックが満載。お話を聞いていて感じたのは、深田さんはいつも「努力を惜しまない」、そして「周りの方への心配りを怠らない」ということです。是非見習いたいと思いました。
第2部では、テーマごとにグループミーティングを行いました。人気があったテーマは「営業」。そう、「いかに仕事をとるか!」ということです。FBやブログの活用法など、話題が尽きない交流会でした。幹事の皆様、楽しい会をありがとうございました。(工藤清美)

第52回勉強会開催報告

第52回勉強会の報告

テーマ:事例で理解する!小規模宅地特例の活用
講師:高橋安志氏(税理士法人 安心資産税会計 代表 )
日時:7月2日(水)18:30~20:30
会場:東京ウィメンズプラザ第2会議室A・B

平成27年1月から相続税の基礎控除が4割削減されます。宅地の評価を減らす切り札「小規模宅地特例」はFPとして押さえておきたいポイントの一つ。今回の勉強会に申し込みをされた全員が参加したことからも関心の高さがうかがえます。

講師は小規模宅地特例の第一人者である 税理士の高橋安志先生。
小規模宅地特例の中でも、特に注意の必要な老人ホーム入居と二世帯住宅について、平成25年度税制改正により変更されたポイント、その後の通達内容を中心に、具体的な例を挙げながら解説して頂きました。

介護認定の有無・時期、老人ホームへの入所方法・老人ホームの種類、二世帯住宅の区分所有登記の有無などにより、特例が使えなくなるケースもあるので注意が必要。「老人ホーム入所の場合」「二世帯住宅の場合」とひとくくりに考えてはいけないと、改めて感じました。

2時間という限られた時間の中、内容も濃く、大変勉強になりました。帰宅後に復習した際、難しい内容にもかかわらず、レジュメと自分の汚いメモ書きで講義内容が蘇ってきたのは、先生の「拡大同居」や「家なき子」などのわかりやすい言葉や多くの例えのおかげなのだと思います。

最後になりましたが、今回の勉強会を企画・開催してくださった研修委員の皆様、どうもありがとうございました。
(報告:中垣香代子)

勉強会52 2   勉強会52 1

第51回勉強会開催報告

第51回勉強会の報告

テーマ:「住宅購入相談に役立つ! 火災保険・地震保険の選び方と損害保険の最新情報」
日時:2013年12月4日(水)18:30~20:30

場所:東京ウィメンズプラザ2F第1会議室

久し振りの勉強会の出席になった。
FPとして損保は押さえておかなければいけないことだが、なかなか勉強する機会がなかった。
出席者が多かったのも同じ考えかもしれない。今回損保をテーマにしてくれたことに感謝する。

火災保険の基礎から事例、最新情報まで2時間たっぷりの密な講義だった。
レジュメにはここがポイントと知っておきたい情報がマークされていてわかりやすい。
昔の火災保険は火災のみの補償だったが、持ち家の人が増えてきている上、自然災害、
日常災害まで補償するようになったため保険料が上がったという経緯、保険料率機構が
保険料引き上げを金融庁に届け出て、それに基づき各損保会社が保険料を引き上げると
いうプロセス、費用保険、特約によって保険金が違うがどこまで補償をしたいかなど
普段聞けない内容もあり有意義な勉強会であった。

火災保険は原状回復を目的とし、地震保険は建物を建てるためでなく、当座の生活資金の
確保が目的であるとの説明に納得。地震保険は早く支払うことを目的としているため、
複雑な支払い基準でなく、全損、半損、一部損の3区分の簡易なものになっている。
東日本大震災の時は2か月で支払いの目途ができたそうだ。ただその3段階では大雑把で
あることから4区分にすることが検討されているとのことだ。

損害保険の保険料は各種引き上げの傾向である。それは保険金の支払が増えていることに
よるようだ。建物の老朽化による水漏れ事故、自動車事故の増加、通院日数の長期化、
高齢者の事故の増加などが原因だ。
個人的には今年は火災保険、傷害保険と大変お世話になった。
これからはせいぜい保険金をもらわないで済むように気をつけたい。
(報告:中田実千代)

51回勉強会報告2   勉強会2