SDGs研究会

~「女性」×「FP」でSDGsの視点で研究・調査し、成果につながる活動を一緒にしていきましょう!~

コーディネーター 中村 真佐子
サブ・コーディネーター 植平 由美子

<具体的な活動内容>

 企業においてはSDGs(持続可能な開発目標)の視点でのビジネス展開が常識になりつつある中で、FPもSDGsの視点での活動をしていく必要があるのではないでしょうか。WAFP関東の強みである「女性」×「FP」でSDGsの視点で何ができるのかを研究・調査し、何かの成果に繋げるのがこのラボの活動となります。

 まずは、SDGsとは?ということから学び、そこから自分達のできることを研究し、できる範囲で一緒にSDGs活動をしていきましょう!

次回のご案内

※開催日が決まりました。お申込みをお待ちしております<赤字部分>(2020/8/6 更新)

テーマ:SDGsとFPの課題〜サステナビリティとニューノーマル
講師:伊藤宏一氏 千葉商科大学人間社会学部教授
日時:9月26日(土)15時00分〜16時50分 
場所:オンラインライブ配信にて開催
参加費:3000円
申込:下記「参加について」をご覧ください↓

詳細:
2020年度より新しく活動を始める「SDGs研究会」の1回目の活動です。
まずは、SDGsとは?ということから学ぶために、FPにおけるこの分野の第1人者の伊藤宏一氏をお招きしての講演です。

生活・社会・経済・地球環境のサステナビリティ(持続可能性)がwith コロナ、after コロナで一段と問われています。もはやコロナ以前の生活と社会、経済と地球環境に戻ることはできません。
どうすればいいか。
必要なFPの視点は何か。
ニューノーマルのために用意されている新しい視点やコンセプトは何か…
等をお話ししていただきます。
ご興味のある方は是非ご参加ください。
(コーディネーター:中村・植平)

【講師プロフィール】

伊藤 宏一 /Koichi Ito

千葉商科大学 人間社会学部教授
専攻はライフデザイン論、パーソナルファイナンス、ライフプランニング、金融教育等
CFP(R)/税理士/NPO法人日本FP協会専務理事/金融庁金融研究センター「金融経済教育研究会」委員/「金融経済教育推進会議」委員

論文に「シェアリング・エコノミーの展望―共有資本化とライフプラン3.0における家計管理」(『生活経営学研究』No.53,2018 日本家政学会生活経営学部会)等。
翻訳に『パーソナルファイナンス』(アルトフェスト著伊藤宏一・森平爽一郎他訳 日本経済新聞出版社)等。
SDGsに関しては、「お金を自分と社会に生かす方法」(『はじめての人間社会学』千葉商科大学人間社会学部編中央経済社2020.5)、「サステナビリティと金融教育」(『FPジャーナル』2019.1月号)。
インタビュー「世界の機関投資家が注目する「ESG投資」って何?「SDGs」との関係は?」(千葉商科大学)、「ESG投資が世界で注目を集める今、「環境問題」「社会問題」「企業統治」を重視する企業こそが生き残る」(千葉商科大学)などがある。

参加について

・いつでも参加していただける勉強会です。SDGsという広大なテーマなので様々なご意見を出していただけるような空気の中で、一緒に楽しく学びながら活動に結び付けていきたいと思います。土日の活動もしていきますので、会社勤めの方も是非ご参加ください。

・WAFP関東の会員でない方も、ラボの企画するセミナー等に参加していただけます。申し込みの際に非会員である旨をご連絡ください。ただし、「1ラボにつき1回まで」となりますのでご了承ください。

●お申込み/お問い合わせは、こちら

これまでの開催報告

準備中です