SDGs研究会

~「女性」×「FP」でSDGsの視点で研究・調査し、成果につながる活動を一緒にしていきましょう!~

コーディネーター 中村 真佐子
サブ・コーディネーター 植平 由美子

<具体的な活動内容>

 企業においてはSDGs(持続可能な開発目標)の視点でのビジネス展開が常識になりつつある中で、FPもSDGsの視点での活動をしていく必要があるのではないでしょうか。WAFP関東の強みである「女性」×「FP」でSDGsの視点で何ができるのかを研究・調査し、何かの成果に繋げるのがこのラボの活動となります。

 まずは、SDGsとは?ということから学び、そこから自分達のできることを研究し、できる範囲で一緒にSDGs活動をしていきましょう!

次回のご案内

●テーマ:コロナ禍でFPができること!
〜 福祉現場の最前線で活躍するFP「家計改善支援員」のお仕事〜
講師:中森順子氏
(一般社団法人 行動アシストラボ 代表理事)
日時:10月24日(土)15時00分〜17時00分 
場所:オンラインライブ配信

参加費:3000円
詳細・申込:https://ws.formzu.net/fgen/S51147209/

「SDGs研究会」の2回目のテーマは、SDGs目標の1「貧困をなくそう〜あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ〜」です。
予期せぬコロナ禍で、多くの人が生活に窮することになりました。そのため、国や地方自治体で、さまざまな救済措置がとられ、行政の窓口で対応しています。
しかし、救済措置としての制度を利用するだけでは対処療法にしかならないため、また同様のことが起こった場合に備え、耐えられる力をつけておくことが大切です。
その際に家計管理のしかたや社会保障制度を横断的に理解し、わかりやすく支援できるFPにできることは数多くあります。
今回は家計改善支援員として、福祉現場の最前線で活躍する中森順子氏に現場でのお話をしていただきます。

参加について

・いつでも参加していただける勉強会です。SDGsという広大なテーマなので様々なご意見を出していただけるような空気の中で、一緒に楽しく学びながら活動に結び付けていきたいと思います。土日の活動もしていきますので、会社勤めの方も是非ご参加ください。

・WAFP関東の会員でない方も、ラボの企画するセミナー等に参加していただけます。申し込みの際に非会員である旨をご連絡ください。ただし、「1ラボにつき1回まで」となりますのでご了承ください。

●お申込み/お問い合わせは、こちら

これまでの開催報告

【開催報告】SDGs研究会 2020年9月26日開催:SDGsとFPの課題〜サステナビリティとニューノーマル

■参加人数20 名 ■報告内容伊藤宏一先生に、SDGsの多様な17の目標それぞれについて、様々な事例に基づきお話ししていただきました。特に印象的だったのは、これからの教育必要なのは、知識スキル以上に態度や価値。金融教育に[…] 続きを読む >>

全て表示 >>