第50回勉強会開催報告

第50回勉強会の報告

テーマ:アベノミクスは、日本を再生するか?
講師:新井亮一氏(アライ・キャピタル・マネジメント株式会社代表取締役)
日時:2013年10月3日(木)18:30~20:30
場所:東京ウィメンズプラザ2F第1会議室A・B

「 景気を良くする」ためのアベノミクスの3本の矢は果たして効果があるのかということを考えるために、デフレ・金融政策といった基本的な部分を解説。 そして、金利が低め誘導でも景気が良くならないのは、インフレを加味した実質金利が高止まりしているからだとし、やはりデフレの解消が非常に重要であると お話されました。

また、為替は投資家達の”思惑”が大きな影響を与えるから、 ハイパーインフレが来るぞ!と叫ぶ専門家が登場したことが円高是正につながったとのお話も計算式で理論を説明しつつ、「騒いでもらって良いのです」とおっしゃった笑顔が印象的でした。

アベノミクスの効果は殆ど期待できないが、今後の日本の人口動態の変化(若年層の減少)がデフレ脱却の鍵となるというお話もとても興味深かったです。 今後はどんどん若年層の労働人口が減り、売り手市場になるから賃金はアップしインフレにつながるだろうとのこと。 日頃、少子高齢化がもたらす財政赤字の深刻さばかりが話題にのぼりますので、 新井先生の「そーんなに深刻に考えなくても大丈夫ですよ」という明るい一言に 驚きました。

全体を通じて、新井さんの笑顔と明るい声とわかりやすい解説で、 難しい経済の話もとても身近に感じることができました。 一番気になったのは、冒頭自己紹介でおっしゃった、「ご自分のお金をご自分で 運用する会社」というのは一体どんな活動?ということです。究極の理想と思っている方が多いと思うので、次回は、この部分に焦点を当てて教えてもらうのもい いなーなんて思いました。( 報告:鈴木さや子)

50回勉強会1      50回勉強会2