2019年6月14日開催「FPなら知らなきゃ恥ずかしいキャッシュレス講座」

■タイトル
FPなら知らなきゃ恥ずかしいキャッシュレス講座

■参加人数
13 名

■報告内容
■講座:FPなら知らなきゃ恥ずかしいキャッシュレス講座
■講師:風呂内亜矢氏
■日時・場所:6月14日(金)15:00〜16:50  東京ウィメンズプラザ 第二会議室
■内容:
今回は、元々システム会社に勤務していたという風呂内氏から
今話題のキャッシュレスの実態やその仕組み、メリット・デメリットなどを教えていただいた。

現在日本におけるキャッシュレス化は2割程度とのことで、
2025年までに4割到達を目標に、国・企業・銀行がそれぞれの狙いや立場でキャッシュレスを推進しているそう。
迅速な支払い、記録・集計のしやすさ、ATM手数料、物理的セキュリティなどの点で優位性のあるキャッシュレスだが、
現金と比べてお金を使い過ぎないか、電子的セキュリティは大丈夫なのか、誰でも使いこなせるのかといった不安要素もあり、
普及への課題がよく理解できた。
また、キャッシュレスは支払うタイミングとインターフェースで、クレジットカード・デビットカード・プリペイドカード、
非接触型の電子マネー、PayPay、楽天payなどのコード決済、といった数多くの決済手段があり、その複雑さにキャッチアップしていく難しさを感じた。
さらに、システムを導入する販売店の対応可否も私たちの今後の支払い利便性に大きく影響を与えそうである。
いかにトクかということを突き詰めていくと、例えば還元率の高いクレジットカードで、同じく高い還元が期待できるものにチャージ等する。
お金の流れや決済の仕組みを理解したとしても使いこなすのは簡単ではない。
自分の目的や行動に合ったものをシンプルに選択する、こういった判断をサポートすべく、FPの存在がより重要になっていると改めて認識した。
大変勉強になりました。
以上

犀川雅未