第73回勉強会の開催報告

■タイトル
知らないと損する相続対策と相続税税務調査の対応術

■参加人数
34 名

■報告内容
実施日:2021年11月26日(金)19時00分~21時00分
会場:オンライン開催(Zoom)

講師は、税理士を開業して30年以上活躍されている西山裕志さん。相続対策をする必要性と税務調査の実態を幅広い角度から学びました。

前半は、過去10年間を振り返り相続財産の課税割合や金額の推移などをお話しいただきました。調査は、国内だけでなく海外資産にも目を向けられたり、相続税に問題がなくても贈与税まで調べて追徴されるケースもあると聞き、正しく申告する重要性を感じました。

後半は、相続税対策をしても、勘違いや不可解な行動により調査官に疑われたり、追徴課税が発生するなど注意点を学びました。

長い間実務で培った経験から、調査官が見るポイントを細かく具体的に例をあげて説明してくださり、とても有益な情報でした。あいまいな認識のもとで申告すると影響が大きいこと、改めて感じました。

質疑応答においても丁寧に解説していただき、とても充実した勉強会になりました。
(稲葉由美子)