2020年2月10日(月)「令和の変化を見据えたFPとしての在り方・関わり方の2軸」

■参加人数
4 名

■報告内容
令和の年明け以降の会員の変化や目標達成などを報告してもらい、FPという活動の幅や活動の軸について事例をもとに整理した。
仮に同じテーマで活動したとしても、自分の在り方(好き・姿勢・立場など)と人との関わり方(リーダー・寄り添い・後ろからサポート・教えるなど)の2つの軸によって全くサービスは変わる。それに気づくと、誤解されにくくなり、自己紹介でも伝わりやすくなることを皆で納得した。

 

吹田朝子