第64回勉強会の開催報告

第64回勉強会のご報告

テーマ:実務から見た保険相談のための必須知識
日時:平成29年6月27日(日)14:00~16:00
講師:平野 雅章氏 / 横浜FP事務所 代表
場所:東京ウィメンズプラザ会議室

横浜FP事務所代表 平野雅章氏 セミナー

「実務から見た保険相談のための必須知識」を受講して。

年間約300件。累計で2,000件を超える相談を受けてこれらた平野さんのお話は、まさに実務の世界でした。

保険募集人は、細部に渡る既存商品の改定、新商品発売などの情報をいち早く拾い上げる事が可能です。

平野さんは、その募集人の立場を存分に仕事に生かしています。各保険会社から仕入れた新しい情報を、各種社会制度と合わせ、さらに図表やデータを用いてお客様に詳しく丁寧に説明されています。

例えば、医療保険。各保険会社の商品の詳細な内容比較はもちろんのこと。お客様が所属される健康保険組合に、「付加給付制度」や「傷病手当の付加給付制度」などが無いかを、必ずお客様と一緒に確認されます。その場でネットで調べてあげる事も、よくなさっているそうです。これにより、有益な制度をお客様に把握してもらい、かつ民間保険への過剰な加入を防ぐことが出来ます。

また、収入保障保険は必ずしも「年金受け取り」が最善ではなく、「一括受け取り」や、保険会社によっては「年金受け取り+一括受け取り」という選択も可能であり、有利になり得る場合があります。このように、入り口(加入時)だけでなく、出口(保険金受け取り時)まで見据えた提案が出来るのは、FPとしての付加価値になります。

相談業務で、住宅ローン、教育資金や老後資金と合わせて問い合わせの多い、保険の見直しや加入の相談。保険に強いFPは、お客様の満足度をさらに高めることが出来ます。

 

 

執筆者:小河由紀子