4月30日(木)FPのための心理学 ラケット感情とホンモノの感情

今回の「心理カウンセリングラボ」では、「心理を知ることでアフターコロナに備える」というテーマで3時間、zoom開催での勉強会でした。
今、コロナ禍によって、自粛中のため、「家から出られない」「ストレスがたまる」「不安でしょうがない」「先が見えない」など、いろいろな思いを抱えている方がいます。   
 今回は、心理カウンセリングの構成・心理テクニックの種類と関係性・自己実現を可能にする心理テクニックなどを丁寧にレクチャーしていただき、心理学でコロナのこの状況をどう捉えるかについて学ぶことができました。特に、「本来の自分」の延長に「なりたい自分がいる」。その「なりたい自分」に向けて、いろいろな障害を乗り越えて自己実現していくプロセスがまとめられた表が、とてもわかりやすいと参加者の皆で絶賛でした。
また、コロナ禍の中、各自の心理状態による反応の違いがレベル1~5の5段階の表(情報源・顕在意識・潜在意識・結果の違い)に分けられていて、例えばレベル1では、潜在意識が「悲観的」ですが、レベル5では、「気づき」に変わっています。この一覧表を通して「自分は、今、どのレベルにいるのか」「周りの人や家族はどれなのか」を知ることができ、「落ち着いた」「違いがわかった」「この不安の中、こういう分析を見せていただいて本当に良かった」などの声が多くありました。
今、コロナ禍という前を見通しにくく、ともすれば不安が増幅しがちな日々の真っ只中ですが、この講座を通して私自身、心の平穏を得られるとともに、FPとしてこのコロナ禍で相談者の方が感じる不安にどう向き合うか、心理学の大切さを改めて認識しました。
来たるアフターコロナに向けて、大変学びの多い時間を過ごさせていただき感謝しております。
(下山千佳子)