心理カウンセリングラボ開催報告

2018年7月19日(木)相談者の悩みを読み解く「マインド・フルネス(量子力学)」

講師:朝妻秀子氏(心理カウンセラー、東京・ビジネス・ラボラトリー代表取締役)
日時:7月19日(木)14時00分~17時00分
場所:東京ビジネスカウンセラー学院・東京本校
東京都中央区京橋1-3-2モリイチビル4F

今回は「脳科学とマインドフルネス」を学びました。
ストレスの原因となる思い込みや思考のとらわれから心の落ち着きを取り戻す方法や、
マインドフルネスを行うことで集中力が増したり脳の老化を遅らせることの実証について学びました。
FP相談はお金の使い方や、ご家族の中での金銭的なことにまつわるトラブルなど、相談者のストレスに触れることがあります。この「脳科学とマインドフルネス」を知ることで脳は確実にバージョンアップするということが分かりました。
脳の神経経路は生きている限り発達し続けていくことが証明されているので、老化に対抗できたり、ストレス緩和がいつでも可能だと知ることができました。
マインドフルネスを行い続けることが自分の脳の発達に役立つだけでなく、そのことが、ストレスをためずにお客様の相談に向かえることを改めて学べました。
これからも脳科学や心理学の分野が学べる、心理ラボでの勉強は続けたいですね。(記 神部)

 

2018年5月23日(水)相談者の悩みを読み解く「マインド・フルネス(量子力学)」

講師:朝妻秀子氏(心理カウンセラー、東京・ビジネス・ラボラトリー代表取締役)
日時:5月23日(水)14時00分~17時00分
場所:東京ビジネスカウンセラー学院・東京本校
東京都中央区京橋1-3-2モリイチビル4F

今回も参加の皆さんの活発な質問が飛び交いました。FP相談においてどう解決していくのかは、数字では解決できない心の部分が大きいということが、いろいろな事例から見えてきました。

家計の問題を解決する時、ノウハウでは解決できず、心の問題が解決してくれる場面が多くあり、そんな時「どう自分と向き合うか」に気づいてもらったり・・・。

つい「手に入らない」ものにばかり意識が向かってしまい幸せを感じられない、そんな人に「もっと先のビジョン」に目を向けてもらったり・・・。

数字で見えるところと、心を見つめることで見えてくること、その両輪で寄り添うことができるFP像を具体的に理解することができました。

常に、相談者の方の問題に向き合いつつ、その心に寄り添い、一緒に解決に向けて伴奏できるFPになりたく、これからも心理学でいろいろな発見をしていきたいと思います。

また、心理学を理論的に理解することもとても重要で、この日は脳科学とマインドフルネスということで、朝妻先生がアメリカのプレゼンテーション番組のジルボルト・テイラー先生の映像見せてくださいました。

一流の脳科学者のテイラー先生が、脳梗塞になった時の体験談です。テイラー先生は、実際の脳を片手に登場し、まずびっくりしたましたが、立体的な脳を目にすることで、いつも朝妻先生が書いてくださる脳の図、部位間の連絡経路について納得することができました。「右脳と左脳ってくっきり分かれているんだ。だから、働きもあんなに違うのか・・・、うん、うん」といった感じ。脳のしくみを知ることで、心理学的な心の動きにどう繋がっていくのかを知ることで、より理解が深まりました。

心理カウンセリングラボは、相談事例での考え方について、実践的な学びの場として貴重なラボだと思っています。多くのFPの方にぜひ参加していただけるといいなと思います。(記 大野)

2018年3月15日(木)FPのための心理学~アダルトチルドレン~

講 師:朝妻秀子氏(心理カウンセラー、東京・ビジネス・ラボラトリー代表取締役)
日 時:3月15日(木)14時00分~17時00分
場 所:東京ビジネスカウンセラー学院・東京本校
    東京都中央区京橋1-3-2モリイチビル4F

 

 

 

今回は「内外一致のモデル」を学びました。

内外一致の状態というのは、ありのままの自分を受容し、素直に生きている状態を言います。

FP相談とりわけお金の使い方や、ご家族の中での金銭的なことにまつわるトラブルなど、相談者の方の悩みの原因を探る必要があります。

この「内外一致のモデル」の考え方で紐解けることが多くあることが理解できます。

今回は、相談をうけるFP自身が6つの側面からみるワークを行うことで自分自身が外にむけての姿が一致しているか探りました。

ワークをすることで、相談者さんがFPに見せる姿が違うということを知ることができました。

自分を知るということが、お客様の相談にいかされることを改めて学んだので、心理ラボでの勉強は続けたいですね。

(記 神部)

2018年1月11日(木)FPのための心理学~アダルトチルドレン~

講 師:朝妻秀子氏(心理カウンセラー、東京・ビジネス・ラボラトリー代表取締役)
日 時:1月11日(木)15時00分~18時00分
場 所:東京ビジネスカウンセラー学院・東京本校
    東京都中央区京橋1-3-2モリイチビル4F


 回も「インナーチャイルド」について深掘りいたしました。FP相談はもちろん数字で不安を取り除くことができる相談内容もありますが、とりわけお金の使い方や、ご家族の中での金銭的なことにまつわるトラブルなど、相談者の方の悩みの原因がこの「インナーチャイルド」の考え方で紐解けることが多くあることが理解できます。具体的な相談案件を例に、みんなで考え、また先生のアドバイスをを聞いていると、「なるほど・なるほど」と納得する事ばかりです。この理論を知って、相談者の方にかける一言が根本的な気づきにつながり、お金の問題も解決していく・・・、そんな事例に接すると、「心理学を学ぶことが、カウンセリング力を高める」ということを実感いたします。また、このインナーチャイルドの理論は、自分自身が「自分のロンリーチャイルド」に話しかけることで心が癒され、不思議とストレスを感じなくなる効果が絶大です。自分のためにも、お客様のためにも、心理ラボでの勉強は続けたいですね。皆さんにも幸せになってほしいので、ぜひ一緒に学んで行きましょう!
(記 大野)

2017年11月16日 FPのための心理学~アダルトチルドレン 
講 師:朝妻秀子氏(心理カウンセラー、東京・ビジネス・ラボラトリー代表取締役)
日 時:11月16日(木)14時00分~17時00分
場 所:東京ビジネスカウンセラー学院・東京本校
    東京都中央区京橋1-3-2モリイチビル4F
今回の「心理カウンセリングラボ」では、アダルトチルドレンについて学びました。
前回までのラボで、人の認知と心理状態を、脳科学によって説明できることを学びましたが、個々人の認知のクセを作るのは、子供のころの育成環境によるところが大きく、インナーチャイルドというモデルを使うことで、うまく説明できます。どんな人でもインナーチャイルドに傷は必ずありますが、それが激しく傷ついた状態で大人になると、アダルトチルドレンと言われる、心理的に他人に依存した人になり、生きていくのが辛かったり、問題行動を起こすことになってしまいます。
FP
の仕事の中でも、クライアントのインナーチャイルドの声に耳を傾け、心の声を聴くことだけで、問題が解決してしまうことが多くあります。今回のラボでは、その方法のヒントをたくさん学ぶことができました。
次回のラボでは、ラボ終了後に新年会を開催する予定です。少しお酒が入って聞く心理学の話が、いまから楽しみです。(記 阿部)
2017年9月14日 FPのための心理学~脳科学編~part2

講 師:朝妻秀子氏(心理カウンセラー、東京・ビジネス・ラボラトリー代表取締役)
日 時:9月14日(木)14時00分~17時00分
場 所:東京ビジネスカウンセラー学院・東京本校
    東京都中央区京橋1-3-2モリイチビル4F

今回は、「脳科学とマインドフルネス」がテーマでした。はじめに脳の断面図で脳の働きを復習しました。脳には、人間の脳と動物の脳があり、それぞれに役割があります。人間脳は思考、ほ乳類脳は快・不快を感じるところ、爬虫類脳は生命を司る役目です。マインドフルネスを行うことで人間脳と動物脳を効果的に働かせ、それぞれのメリットを引き出すことができるようになります。その結果、ストレスを軽減したり、集中力がアップしたり、思いやりの心が身についたりするそうです。また、老化や認知の予防につながることが近年の研究で明らかになってきました。日頃、頭の中は四六時中、考え事をしていて、勝手に思い込んだり、ストレスを溜めていたりしていますが、時折、瞑想を取り入れ、「いまここ」を感じる機会を大切にしていこうと思いました。心理ラボは2か月に一度行っていますが、FPとしてよりよいカウンセリングを行うためのヒントが得られたり、日常の悩みを解消したり、心を浄化するよい時間になっています。

飯村 久美 記

 

2017年7月13日 FPのための心理学~脳科学編~part1

2017年7月 第31回 心理カウンセリングラボ活動報告

講 師:朝妻秀子氏(心理カウンセラー、東京・ビジネス・ラボラトリー代表取締役)
日 時:7月13日(木)14時00分~17時00分
場 所:東京ビジネスカウンセラー学院・東京本校
 
今回の心理ラボは、脳科学編Part1ということで、脳の仕組みについての勉強からスタートしました。カッとなっている時、ストレスがかかった時、私たちの頭の中で、は虫類脳(脳幹)、哺乳類脳(大脳辺縁系)、人間脳(大脳新皮質)がどのように働くのかを学びました。自分の脳の中で何が起こっているのかを把握することは、自分自身の感情のコントロールにつながり、また、相手の心理を知るにあたって、相手の身体の中で起こっている状態を生体的に把握することは非常に重要であることを知りました。心と身体が深くつながっていることを改めて実感させられました。
また瞑想の体験も行いました。先生のナレーションに従い、自分の状態を完全にOFFにした数分間で、心と身体がスッキリしました
情報処理を停止して、無の状態にすることにより起こる様々な効果には、驚くべきものであり、是非瞑想も習得していきたいと思いました。
次回は、マインドフルネスについての講義となるとのことで、今からとても楽しみです。(記 植平)
2017年5月11日 相談者の目的を達成するための心理学

2017年5月 第30回 心理カウンセリングラボ活動報告

講師:朝妻秀子氏(心理カウンセラー、東京ビジネス・ラボラトリー代表取締役)
日時:2017年5月11日14:00~17:00
場所:東京ビジネスカウンセラー学院・東京本校

今回が、マイクロカウンセリングの最終回でした。対決技法(矛盾・不一致)からスタートし、技法を統合させるための基本的な概念などを学びました。印象に残ったのは、顧客に対し、カウンセラーは「審判的にならない」「フラットに」「不一致の内容に焦点を当てる」ことに注意するということ、また、すべての質問は意図性(戦略)をもって行うということでした。
最後に、朝妻先生から、カウンセリングについての総合的なアドバイスもいただきました。今後の相談業務に活かしていこうと思いました。
後半、次回から学ぶ「脳科学」のプロローグとしてのお話がありました。脳の仕組みを学び、その不思議に、参加者から感嘆の声も上がりました。次回からのラボも楽しみです。

2017年3月30日 相談者の目的を達成するための心理学

2017年3月 第29回 心理カウンセリングラボ活動報告

テーマ:相談者の目的を達成するための心理学(マイクロカウンセリング)
講 師:朝妻秀子氏(心理カウンセラー、東京・ビジネス・ラボラトリー代表取締役)
日 時:2017年3月30
日(木)   14時00分~17時00分
場 所:東京ビジネスカウンセラー学院・東京本校

心理カウンセリングラボでは、引き続きマイクロカウンセリングを学ぶびました。FPとして、問題点をしっかり把握した上で「マイクロカウンセリング技法」を使って意図的にカウンセリングをしていくことで、ご相談者とより深い信頼感を築くことができると実感してます。

お金のことで相談にいらっしゃる方の多くは、数字だけではなく心の問題を解決することで、本当の幸せへの道に向かっていることも多いようです。マイクロカウンセリングを学ぶことで、相談者との信頼関係がより強くなると思います。

昨日はマイクロカウンセリングのなかでもFPとして必要な、しかし使い方を間違うと逆に相談者を不安にさせてしまいかねない「積極技法」について学びました。

積極技法は7つあり、どれもFPとしての相談に大事なものです。

指示

論理的帰結

自己開示

フィードバック

解釈

積極的要約

情報提供・助言・教示・意見・示唆

朝妻先生の分かりやすい説明と、具体的なケースの話とで深く落とし込むことが出来てます。

加えて2ヶ月に1回、自分の問題を解決する時間にもなっています。

FPとしても、自分自身も成長できる心理ラボです。ぜひ体験してみてください。(稲川)

 

2017年1月19日 相談者の目的を達成するための心理学

2017年1月 第28回 心理カウンセリングラボ活動報告

テーマ:相談者の目的を達成するための心理学(マイクロカウンセリング)
講 師:朝妻秀子氏(心理カウンセラー、東京・ビジネス・ラボラトリー代表取締役)
日 時:2017年1月
19日(木)   14時00分~17時00分
場 所:東京ビジネスカウンセラー学院・東京本校

心理カウンセリングラボでは、今年も引き続きマイクロカウンセリングを学ぶことになりました。FPとしても、「傾聴技法」から始め、問題点をしっかり把握した上でこの「マイクロカウンセリング技法」を理解した意図的にカウンセリングをしていくことで、ご相談者とより深い信頼感を築くことができるであろうことを、実感しています。

お金のことで相談にいらっしゃる方の多くは、数字だけではなく心の問題に気付くことで、いろいろなことが解決に向かっていくことも多いようです。それこそが本当の幸せへの道かもしれませんね。

マイクロカウンセリングを学ぶことで、ご相談者に投げかける一言一言に意味をもったカウンセリングができるようになるでしょう。マイクロカウンセリングとはどんな内容かというと、次のような段階のカウンセリング技法です。こういう理論を知っているのと知らないのでは、言葉の選びかたが違ってくるように感じます。

かかわり行動

クライエント観察技法

質問法(開かれた質問、閉ざされた質問)

はげまし、いいかえ、要約技法

感情の反映

意味の反映

焦点のあてかた

積極技法(指示・助言・情報提供・説明など)

対決(矛盾・不一致)

技法の連鎖および面接の構造化

技法の統合

加えて、いつも楽しみにしているのが、朝妻先生とのいろいろなケーススタディです。簡単に言うと、「自分は今こんなことで迷っているんですけど・・・」というような質問に、先生が丁寧に答えてくださいます。2ヶ月に1回、自分の問題を解決する時間にもなっています。ラボの参加メンバーの実感は、「自分が変わった」ということです。こんなにも変わるものかと、私も感じています。心理ラボの時間を、ぜひ体験してみてください。(大野)